披露宴の料理、なぜ「フレンチ」が多いのか?

2019年6月5日

ライフ
ULM編集部

披露宴の料理にはフランス料理がよく出てきます。いったいなぜでしょうか。披露宴に何度も参加した人なら一度は思った疑問に迫ります。


上昇する披露宴の「フランス料理」の比率

「ジューンブライド」という言葉があるように、6月は曇りがちな天候が多いにも関わらず、結婚式や披露宴が盛り上がりを見せます。披露宴の豪華な料理を楽しみに、参加前からワクワクしている人も多いことでしょう。

披露宴の料理といえばフランス料理というイメージが強い(画像:写真AC)

 そんな披露宴の料理には、なぜかフランス料理がよく出ます。それを裏付けるデータもあります。

 結婚情報誌「ゼクシィ」を運営するリクルートマーケティングパートナーズ(品川区上大崎)が2018年10月に発表した「ゼクシィ結婚トレンド調査 2018」によると、同年に首都圏で行われた披露宴・披露パーティの料理で出たのは「フランス料理」が54%と過半数を占め、和食と洋食を組み合わせた「折衷料理」が22%で続きました。

 同調査の過去のデータを見ると、フランス料理の割合は2006(平成18)年調査で46.4%、2012年の調査で51.6%となっていることから、年を追うごとに上昇基調にあることが分かります。

「料理を使ったおもてなしに対する『温度感』が近年上がっており、その結果のひとつといえます」

 ゼクシィ編集長の森奈織子さんは、こう指摘します。

時間の関係上「日本料理からコース料理へ」


【写真】目にも鮮やか! これが披露宴フレンチの最先端(19枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_19-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190603_french_02-150x150.png

New Article

新着記事