帰省するたびに両親が老いていく……上京者が避けられない「実家問題」、ケリの付け方とは

全国で最も転入者が多い都道府県は、ご存じの通り東京です。進学や就職で上京し、そのまま地元に帰らない人も多くいるでしょう。しかし、地元に残してきた両親は確実に老いていきます。避けて通れないこの課題にどう向き合うべきか、フリーライターの夏野久万さんがコミックエッセイ『両親が元気なうちに“実家じまい”はじめました。』を紹介します。


進学で東京へ、そのまま就職

 進学や就職を機に東京へ出てきて、地元に戻る予定はない人もいるでしょう。

 2020年の都道府県別の転入者数は、東京都が43万2930人と最も多く、上京する人の多さを物語っています。しかしコロナの影響もあるのか、前年に比べて転入者数が最も減少しているのも東京都。3万3919人(7.3%)の減少でした。

老いは必ずやってくる。実家に残してきた両親とどう向き合うかは、上京者たちが抱える悩みのひとつ(画像:写真AC)

 上京者数が多い理由のひとつに上げられるのが、東京圏における大学数の集中です。とくに私立大学はダントツ。

 国土交通省の資料によると、首都圏にある大学生の88%が首都圏の会社などに就職するそうです。首都圏以外にある大学に通う学生も首都圏に就職する割合が一定数見られます。

 地方に住む親と離れて上京した大学生が、そのまま首都圏で就職するケースが多いようなのです。

老いは誰にもやってくる


【漫画で分かる】「両親&実家」問題の解決方法(画像6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210522_jikka_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画