台風被害は甚大!「線状降水帯発生情報」でわかった、伊豆・小笠原諸島の気候の厳しさ

7月1日、伊豆諸島北部に「線状降水帯発生情報」を発表したことが話題に。これを機に、伊豆諸島・小笠原諸島の気候について振り返ります。解説は離島ライターの大島とおるさんです。


内でも有数の強風地帯

 気象庁が7月1日(木)、伊豆諸島北部(伊豆大島や新島など)に「線状降水帯発生情報」を発表したことが話題になりました。線状降水帯発生情報とは「顕著な大雨に関する情報」で、土砂災害や浸水、河川の洪水など、災害の発生に結びつくような非常に激しい雨が発生した場合に発表されます。

伊豆諸島に属する新島(画像:海上保安庁)

 伊豆諸島・小笠原諸島(以下、伊豆小笠原諸島)は東京都の区域にあり、東京都島しょ部と呼ばれます。本土とはまったく異なる気候風土で、国内でも有数の強風地帯です。

 日本の強風地帯といえば冬の日本海沿岸が広く知られていますが、伊豆小笠原諸島の年間平均風速はそれよりも大きいのです。

 特に風の強い三宅島では、1年間のうち風速10m以上の風の発生日数が約200日間と年間の半分以上もあります。これは時速36kmの乗り物で風を受ける状態と物理的に同様で、街路樹が揺れ、帽子が飛ぶほどの強さです。

 これが台風ともなると、伊豆小笠原諸島はさらに激しい風雨にさらされます。東京都港湾局の資料によれば、1948(昭和23)年から2012年までの65年間で、伊豆小笠原諸島が受けた被害は港湾や漁港の被害だけで67件。災害復旧の費用は約40億円となっています。この被害のうち85%は台風によるものです。

 例年、台風にみまわれ万全の準備をしている伊豆小笠原諸島ですが、それでもなお被害を完全に防ぐことはできません。

台風がもたらす島への被害


【画像】絶海の伊豆諸島「青ヶ島」(写真8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/210703_island_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画