初心者でもゴン攻めOK? 初心者におすすめ「都内スケートパーク」4選

東京五輪での日本人選手の大活躍で一躍注目を浴びたスポーツ、それがスケートボードです。そんなスケートボードを楽しめる都内スポットを四つご紹介します。


東京五輪でもっとも注目を浴びた競技

 日本人選手の大活躍や解説者の印象的な語録で、日本を熱狂させた東京五輪のスケートボード(スケボー)。そんなスケボーは「東京五輪で注目された競技第1位」との調査もあるほど、そのかっこよさや独自のカルチャーに注目が集まりました。

 ライバルが良いプレーをすれば褒めたたえ、泣き崩れれば肩を持つ。日々の社会生活で上下関係に悩みやすい若者には、オープンなスケボーカルチャーが特に魅力的なものに見えたかもしれません。

スケボー(画像:写真AC)

 筆者自身もスケーターのかっこよさやカジュアルな雰囲気に魅了され、アメリカ留学時にスケートボードを買った経験があります。

 東京五輪の男子ストリートで優勝した堀米雄斗さんは、東京出身。また、東京には公共スケートパークが日本一多く、22か所もあります。つまり、東京こそ日本の「スケボー聖地」だと言えるでしょう。

 日本スケートボード協会(横浜市)によると、競技人口は3000人程度とのこと。軽い趣味の人も含めると40万人にも及ぶそうです。

 今回は五輪でスケボーに興味を持ち、「一度スケボーをやってみたい!」というスケボー超初心者のために、東京都内のおすすめスケートパーク四つをご紹介します。

1.Tokyo Sport Playground

 NIKEのスニーカーをイメージしてデザインされたTokyo Sport Playground(江東区豊洲)は、フォトジェニックでインスタ映えもばっちり。スケボーデビューにぴったりです。

Tokyo Sport Playground(画像:三井不動産レジデンシャル、ナイキジャパングループ、東京ガス)

 2021年9月に閉園予定でしたが、ウェブ署名活動が起こるほど人気のため、2022年まで開園期間が延長されました。

 予約はNIKEアプリを通して行うため、混雑せず、初心者でも周りの目を気にせず思いっきり練習できます。イベントやスクールが開催されることもあるので、イベント情報をチェックしておきましょう。

 無料で利用できますが、ボードやヘルメットの貸し出しはありません。また自動販売機がなく、ペットボトルの持ち込みも不可です。無印良品の給水機が設置されているので、マイボトルを持って行きましょう。

2. RAIZIN SKY GARDEN by H.L.N.A


初心者におすすめ「都内スケートパーク」4選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/211030_skate_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画