下北沢最古の「カレー店」が人気マンガの聖地になっていた!

下北沢で最も古いカレー店とされる「北沢カレー食堂 茄子(ナス)おやじ」。人気漫画にも登場した同店の魅力について、ご紹介します。


下北沢は「カレーの街」

 東京で「カレーの街」といえば、千代田区の神田神保町です。しかし下北沢や吉祥寺でも近年、カレー専門店が続々と出店しています。

 下北沢では毎年10月頃、「下北沢カレーフェスティバル」が開催され、同エリアのカレー専門店などが数多く参加します(2021年は124店舗)。

 各店舗のカレーはミニサイズで提供されるので、さまざまな味が楽しめます。お気に入りのカレーが見つけられるチャンス。気になった人は一度参加してみましょう。

世田谷区代沢にある「北沢カレー食堂 茄子おやじ」(画像:(C)Google)

 今回は、そのなかから「北沢カレー食堂 茄子(ナス)おやじ」(世田谷区代沢、以下茄子おやじ)を紹介します。

漫画に登場した「茄子おやじ」

 茄子おやじは、月刊「デザート」連載のやまもり三香さんの少女漫画『うるわしの宵の月』に登場しています。まずは『うるわしの宵の月』のあらすじをご説明しましょう。

 すらりと伸びた手脚と女性にしては低めな声。そして、クールな顔立ちから「王子」と呼ばれている女子高生・滝口宵(よい)。彼女は女性扱いされない自分に、複雑な感情を抱いていました。

『うるわしの宵の月』第1巻(画像:やまもり三香、講談社)

 そんなある日、学校内で自分と同じように「王子」と呼ばれている先輩・市村琥珀(こはく)に出会います。初対面で男と間違えられ怒る宵。しかし、この出会いをきっかけに宵は琥珀と急接近していくことに……。

 そんなふたりが心を通わせる場所として描かれているのが、茄子おやじです。宵の実家はカレー店で、そのモデルとして茄子おやじが選ばれています。

 なぜカレー店なのでしょうか。それは、宵と琥珀の接点がないことに気づいた作者が「ふたりがたむろできる場所」として設定。理由は「カレーは男子に人気」と実にシンプルです。

下北沢で最も古いカレー店


【地図】下北沢最古の「カレー店」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/220106_curry_04-150x150.jpg

おすすめ

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画