大学キャンパスでお花見!沿線の最旬スイーツも一緒に巡ろう【お花見(6)】

  • 三鷹駅
  • 大岡山駅
  • 武蔵境駅
  • 渋谷駅
  • 調布駅
大学キャンパスでお花見!沿線の最旬スイーツも一緒に巡ろう【お花見(6)】

\ この記事を書いた人 /

アーバンライフ東京編集部のプロフィール画像

アーバンライフ東京編集部

編集部

ライターページへ

穴場な桜の名所として地元住民に愛されている大学のキャンパス。飲食したり騒いだりせず写真を撮って楽しむだけなら、混雑なしで楽しめるパラダイスなんです。桜を静かにじっくり楽しみたい、のんびりお花見したい方にはうってつけ。今回は、花見後に立ち寄りたい沿線の最旬スイーツもあわせてご紹介します。

桜をじっくり鑑賞したいなら

 敷地が広く自然に恵まれた大学のキャンパス。四季折々の花々を1年中鑑賞することができます。特に桜のシーズンはたいてい春休みということもあり、混雑なしでゆっくりと桜を楽しめる穴場スポットです。

 一般の公園のように解放されている桜スポットとは違い、学び舎であるキャンパスでは、多少のルールを守らなければなりません。飲食はしない、シートを敷かない、騒がないなど、おひとり花見ならクリアしやすい条件です。それさえ守れば、花びらをじっくり観察したり写真を撮ったり、自分の好きなように花見を楽しめます。

>>関連記事:都心の公園穴場スポット【お花見(4)】

自分のペースだとSNS映えする写真も撮りやすい!(イメージ画像:photoAC)



●三鷹「国際基督教大学」

 三鷹市の自然豊かな郊外に位置する国際基督教大学(ICU)。正門から礼拝堂へ続く桜並木は約600mもあり、見事な桜を満喫できる名所として、地元住民に愛されています。樹齢70年を越えた桜は、どっしりとしていて趣があり、満開のシーズンは美しい桜のトンネルが出現します。
 
 キャンパスは一般開放されているので、学生でなくても大丈夫! キャンパス内なので車の通りがほとんどなく、のんびりとお花見できます。

 ちょっと休憩したいときは、学生食堂を訪れましょう。モーニングタイムは学生のみ利用可能ですが、ランチタイムは部外者も利用できます。昼食時間をちょっとずらして、学生気分でカレーなど食してみるのもよいですね。

辺りをピンク色に染める桜のトンネルが約600m続く(イメージ画像:photoAC)

●三鷹「むさしのルビー」

 2022年10月三鷹にオープンしたばかりの、プリンとグルテンフリーの焼菓子のお店「むさしのルビー」。ひとつひとつの素材の風味にこだわり、丁寧に作られたスイーツは、すでに地元住民のハートをがっちりつかんでいます。

 おすすめは「むさしのプリン」。⾃然あふれる環境で獲れた卵の卵黄だけで固めたプリンは、トロリなめらかさと豊かな風味が人気です。マダガスカル産とタヒチ産の2種類の天然バニラビーンズを使用した、濃厚で香り豊かなぜいたくなプリン。一度食べたら忘れられない味わいです。

 ICUでのお花見からの帰りは三鷹駅着のバスにして、「むさしのプリン」をテイクアウトして帰りましょう。

小麦粉の代わりに米粉を使用したフィナンシェも人気(画像:ダイヤ冷ケース株式会社リリースより)

●大岡山「東京工業大学」

 地元では有名なお花見スポットとして知られている、東工大・大岡山キャンパスの見事な桜並木。大学キャンパス内には、約280本のソメイヨシノや、白い花びらが上品なオオシマザクラなど、さまざまな桜が咲き誇ります。

 昭和初期に竣工した本館は、若き日の谷口吉郎も設計に関わった登録有形文化財。正面の時計塔と桜とのコラボレーションはフォトジェニックです。満開の時期には、都会にいるとは思えない幻想的な風景を楽しめます。東工大の桜の背は低めで横に大きく枝を張っているので、間近で桜を撮ることができますよ。

 東工大の学食も一般に開放されています。本館にある第2食堂は平日であれば19:30までオープンしているので、好きな時間に利用できます。海外からの学生も多く在籍しているため「ハラルフードメニュー」も充実。

 平日ランチタイムには日替わりでキッチンカーも出店するので、イマドキな学生ランチを味わってみては。

東工大本館正面のウッドデッキスペースにはベンチが設置されています(画像:photoAC)

●渋谷「LOCO COCO 渋谷店」

 アメリカで大注目の100%ヴィーガンスムージー&スムージーボウル専門店「LOCO COCO(ロコココ)」が日本初上陸! 3月1日~5月31日までの期間中、「FLIPPER’S 渋谷店」内にオープンしています。

 伝統的なプラントベースの食材や高品質なスーパーフードから作られる、トロピカルなスムージー。フレッシュなフルーツをふんだんに盛り付けた食べるスムージー「フルーツボウル」。おどろくほど芳醇な味わいは、口の肥えたニューヨーカーに支持されて、2023年3月現在ニューヨークを中心に全5店舗展開しています。

 展開しているのは、シグネチャーメニューの「The O.G.L.C. ボウル」(ドラゴンフルーツベース)に、現地で人気の「アサイーボウル」、デーツやカカオニブなどのスーパーフードをカジュアルに楽しめる「スムージー」2種の全4品。

 渋谷駅で下車して、今しか食べられない最旬のスイーツスポットに足を運ぶのはいかがでしょうか?

バナナにラズベリー、パイナップル、ストロベリー、ブルーベリーなどフレッシュなフルーツがたっぷりの「The O.G.L.C. ボウル」(画像:株式会社ベイクルーズリリースより)

のんびりお花見×話題スイーツ

 大学キャンパスの桜スポットは、大学側の配慮で地元の人たちがのんびりとお花見できる場所です。お邪魔する私たちも、静かに穏やかに、マナーを守りつつお花見したいもの。美しい花をじっくり観察して、写真を撮ったり心に刻んだりして、桜をゆっくり愛でたいものです。

 桜を満喫した後は、余韻に浸りながら話題のスイーツを堪能。ひとりで過ごす休日が、充実した一日になることでしょう。美しい桜の季節を有意義に過ごしてくださいね。

満開の桜に春を感じて(イメージ画像:photoAC)

国際基督教大学
住所:東京都三鷹市大沢3-10-2
アクセス:JR 武蔵境駅より小田急バスで約12分「国際基督教大学」(構内ロータリー)下車
JR三鷹駅より小田急バスで約20分「国際基督教大学」(構内ロータリー)下車
JR調布駅より小田急バス武蔵境駅南口行/三鷹駅(西野御塔坂下経由)行で約20分 「富士重工前」より徒歩10分

むさしのルビー
住所:東京都武蔵野市中町1-35-2 ヴィアソーレ武蔵野1F
TEL:0422-38-7370
営業時間:10:30~19:00
定休日: 火・水曜日
アクセス:JR 三鷹駅より徒歩7分

東京工業大学 大岡山キャンパス
住所:東京都目黒区大岡山2-12-1
【第2食堂】
営業時間:平日11:00~19:30
定休日:土・日・祝日
アクセス:東急大井町線・目黒線 大岡山駅より徒歩1分

LOCO COCO 渋谷店
展開期間:展開中~2023年5月31日(水)予定
住所:東京都渋谷区神南1-15-5 神南プラザビル1F FLIPPER’S 渋谷店内
TEL:03-6773-0476(FLIPPER’S渋谷店)
営業時間:月~木・日 11:00~18:00(L.O.17:00)/金・土・祝 11:00~19:00(L.O.18:00)
アクセス:JR・東急東横線・田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅より徒歩10分

関連記事