なんと行列が建物を7回り半! 有楽町「日劇」の圧倒的伝説とは

かつて有楽町に「陸の竜宮」と称された日本劇場(日劇)がありました。さまざまなライブやアトラクションでにぎわった同施設の歴史について、フリーライターの大居候さんが解説します。


夜の有楽町の象徴だった日劇

 コロナ禍で動画配信サービスを見る機会が増えています。特に昔のテレビドラマを見ていると、オープニングやエンディングで東京の名所を巡っているものが結構あります。

 1961(昭和36)年からNETテレビ(現・テレビ朝日)系列で放送された『特別機動捜査隊』の初期オープニングはパトカーが皇居の周辺をぐるぐると回っています。また、1969年から東京12チャンネル(現・テレビ東京)系列で放送された『プレイガール』のエンディングは、車載カメラで首都高を回っています。

 オープニングやエンディングだけでなく、本編にも多く登場するのが夜の東京の繁華街です。かつて、東京の夜はビルのあちこちに据えられたネオンが輝いていました。

 そうした風景でもとりわけ美しいのが、有楽町にあった日本劇場(日劇)です。東芝のネオンが劇場の全面を取り囲むように据えられ、夜の有楽町の象徴となっていました。

1933年完成、別名「陸の竜宮」

 財界人から多くの出資を得て、収容客数4000人を誇る日劇が有楽町に開館したのは1933年12月24日のこと。当時は「陸の竜宮」と称されました。

在りし日の日劇。閉館半年前。1980年09月18日撮影(画像:時事)

『文藝春秋』1981年1月号によると、工事が始まったのは1930年。運営会社の日本映画劇場が設立されて工事が始まったものの、工事費の支払いを巡るトラブルから、建設は一時中断。鉄骨を組んだだけで放置されていた時期もあったため、

「数寄屋橋畔の怪物劇場」

とも呼ばれました。

経営に乗り出した東宝


【画像】75年前の「日劇」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210520_nichi_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画