近年はアニソンや洋楽も――東京都内で「盆踊り」が広まったワケ

地域の盆踊りから近年増加する「ニュータイプ盆踊り」のイベントまで、東京には昔から盆踊りが盛んなイメージがありますが、ライター・エディターの大石始さんによると、決してそうではなかったようです。「東京音頭」を手掛かりに、その歴史をひも解きます。


かつての東京「盆に踊る習慣なかった」

 東京では毎年夏になるとあちこちに盆踊りの櫓(やぐら)が立ち、「東京音頭」や「炭坑節」に合わせて大小の踊りの輪が作られます。そうした光景に見慣れていると、東京は古くから盆踊りが盛んな土地だと錯覚しがちですが、決してそんなことはないようです。

2018年開催「東京丸の内盆踊り」の様子(画像:グライダーアソシエイツ)

 小説家・永井荷風は1937(昭和12)年に発表した『ぼく東綺譚(「ぼく」はさんずいに「墨」)』のなかで、こんな一文を残しています。

「東京では江戸のむかし山の手の屋敷町に限って、田舎から出て来た奉行人が盆踊をする事が許されていたが、町民一般は氏神の祭礼に狂奔するばかりで盆に踊る習慣はなかったのである」

 民謡研究家の竹内勉によると、明治以前の時代には千葉にも近い現在の江戸川区や葛飾区にあたる地域や板橋区の一部で盆踊りが行われていたほか、正徳(1711~1716年)から享保(1716~1736年)の一時期、現在の日本橋と京橋の境にあたる中橋でも盆踊りが行われていたといいます。

 ただし、そうした例はあくまでも江戸のごく一部。大阪の漁師たちが最初に住み始め、江戸由来の古風な盆踊りが現在も続けられている中央区の佃のような例外を除くと、荷風の言うように「(かつての東京において)町民一般は盆に踊る習慣はなかった」ようです。

盆踊り大会を一般化した「東京音頭」


【データで学ぶ】盆踊りも当てはまる? ストレスオフの秘訣は「音楽を聴く習慣」だった

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191210_bonodori_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画