車窓の変化が一目瞭然? 武蔵境発の路線バス「境91」系統で楽しむ1時間プチ旅行とは

武蔵境駅と狛江駅を結ぶ小田急バス「境91」系統。緑豊かなその魅力について、まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


武蔵境駅の3番乗り場からスタート

 山手線の西側を走る路線バス網を見ていると、放射状に伸びる鉄道路線の間をショートカットするように南北を結ぶ系統が多くあります。なかには距離の長い系統もあり、沿線ごとの住宅地の特徴や、駅前の様子の違いを車窓に見ることができます。今回はそのなかでも沿線風景に変化の多い路線のひとつを紹介します。

 JR中央線と西武多摩川線が乗り入れる武蔵境駅。武蔵野市の西側にあり、駅前にある大型商業施設のイトーヨーカドー武蔵境店(武蔵野市境南町)や文化施設の武蔵野プレイス(同)といった施設には休日ともなると多くの人が訪れます。

 大きな木々が目立つ駅南側のバスターミナルの3番乗り場から発着するのが小田急バスの「境91」系統です。

武蔵境駅南側のバスターミナル3番乗り場(画像:(C)Google)

 この系統は武蔵境駅から調布駅、国領駅を経由して狛江駅に向かう全線約1時間の路線です。武蔵境駅から乗車する人は多く、タイミングによっては1本待って確実に着席する方がいいかもしれません。昼間は1時間に約3~4本が運行されています。

天文台通りを下るとICUが

 武蔵境駅を出るとバスは両側に自転車レーンのある道を南に進みます。自転車通行可の歩道がある道は都内でも各地にありますが、自転車専用レーンが区切られている道はなかなか見られないもので、このあたりの自転車需要の旺盛さがうかがえます。

 間もなくバスは三鷹市に入り、右折。連雀通りを西に向かって走り、「三鷹市井口新田」交差点で天文台通りへと左折します。マンションやビルばかりだった武蔵野市内と比べると三鷹市内は一戸建て住宅が増え、農地や敷地の広い邸宅もあります。

三鷹市大沢にある国際基督教大学((画像:(C)Google)

 車窓右側に木々が目立つ場所が見えるとそこは国際基督教大学(ICU、三鷹市大沢)です。ここに大学が置かれたのは1954(昭和29)年のこと。日本に教派を超えたキリスト教大学を設立しようという願いの下、設立されました。

約100年前に移転してきた国立天文台


【事前にチェック】「境91」系統のルート

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210601_sakai_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画