桜島の噴火は他人事ではない かつて東京都を襲った「大惨事」の記憶

2021年4月25日(日)未明、鹿児島県の桜島で爆発的噴火が発生。東京に住む私たちにとっても、決して無縁の話ではありません。かつて東京でも、多くの犠牲を出す大噴火がありました。フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


東京都は21もの活火山を有している

 鹿児島県・桜島の南岳山頂火口で爆発的な噴火が発生し、全国ニュースとなっています。

 桜島といえば過去数えきれないほど噴火していますが、2021年4月25日(日)午前1時過ぎの噴火は規模が大きく火砕流が約1.8km流れ下りたことから、気象庁は噴火速報を発表し警戒を強めています。

気象庁が発表した、2021年4月25日1時9分の桜島・南岳山頂火口の噴火の状況(画像:気象庁)

 火口から2kmあまりのところには人が住んでる桜島ですから、火砕流のみならず、噴石などへの警戒は気を抜けません。

 さて、東京にとっては遠い話のように感じられる火山活動ですが、東京人には決して無縁の話ではありません。東京都は実に21もの活火山を有する火山の多い自治体なのです。それが伊豆諸島と小笠原諸島にある火山群です。

 21の活火山のうち有史以来噴火の記録がある火山は18座。うち7座は気象庁が常時観測火山としています。

 常時観測火山とは気象庁の火山監視・警報センターが地震計や高感度カメラ、GPSを用いて24時間体制で観測をしている火山で、全国では50座が対象となっています。全国の監視体制に置かれている火山の14%がある東京都は、かなり火山の多い自治体ということができるでしょう。

 近年は、2020年に近くの海底にあった火口からの噴火で新島が形成され、もとの島と合体して面積を拡大している西之島が話題になりました。これは自然の巨大なエネルギーを感じさせる好例です。自然の雄大なロマンを感じさせる面もある火山ですが、噴火は時として甚大な被害を及ぼします。

明治35年、伊豆諸島・鳥島が噴火


【たくさんある】東京都の「火山」(画像5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_funka_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画