見た目だけでもエネルギッシュ! 「赤色メニュー」が食べられる都内店舗5選

外出先で何か食べるとき、メニューそのものではなく、メニューの「色」で選んでみませんか? 今回は赤色やピンク色を取り入れたメニューが食べられるお店を五つご紹介します。


赤色メニューで前向きな気持ちになろう

 私たちの周りにあふれている「色」。普段何気なく目にしている多くの色には、心理的な効果があるのはご存じでしょうか?

 例えば、気持ちを落ち着かせてリフレッシュしたいときには緑色、気持ちを高めてハッピーな気持ちになりたいときは黄色など、自分の気分に合わせて身に付けるものを変えると、その色の効果を感じることができます。

 もちろん私たちが毎日食べている食事でも同じこと。「情熱の赤」と表現されるように、赤色は情熱や興奮を促す色です。そのため、前向きな気持ちになりたいときや、エネルギッシュになりたいときにぴったり。

 さらに赤色には食欲を増進させる効果もあるとされており、他の色に比べてより「おいしい」と感じられます。見た目にも華やかな赤色メニューを食べて、元気で前向きな気持ちになってみませんか?

 そこで今回は、赤色やピンク色を取り入れたメニューが食べられるお店を五つご紹介します。

1.茶寮一松(台東区雷門)

 最初にご紹介するのは、浅草にある「茶寮一松」(台東区雷門)です。

料亭の個室で食べる「茶寮一松」のかき氷(画像:わしわし)

 結婚式などにも利用される料亭で、立派な門構えに少しおじけづいてしまうかもしれません。ですが、カフェ利用ならとてもリーズナブルにぜいたくな空間を味わうことができるのです。

 なかでもおすすめは、天然氷を使用したかき氷。口に入れた瞬間、ホワっと溶けるそのくちどけが魅力的で、自分で掛ける苺シロップも素材の良さを感じられる味です。お会計のときに案内される応接室もとても豪華なので、ぜひお店を出るその瞬間まで豪華な空間を堪能してみてくださいね。

2.THE GRAND GINZA(中央区銀座)

 続いてご紹介するのは、GINZA SIX(中央区銀座)の13階にある「THE GRAND GINZA」の「苺(いちご)のミルフィーユ」です。

伝説の「苺のミルフィーユ」が復刻(画像:わしわし)

 これは銀座で多くの人に愛された「銀座マキシム・ド・パリ」の看板スイーツを復刻させたもの。苺が行儀よくたたずんでいる姿は、まるで1枚の絵画を見ているかのような美しさがあります。

 このスイーツの主役でもある苺は、口の中でシュワっとはじけるほどのみずみずしさ。クリームも上品な甘さで、甘いものが苦手な人でも満足できるおいしさです。銀座の街並みを一望できる大人な空間で、感動の一皿を味わってみてください。

3.自家焙煎珈琲 凡(新宿区新宿)


【事前にチェック】今回登場する「お店一覧」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210826_red_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画