コロナで街から消えた大学生の「新歓イベント」 かつてのお祭り騒ぎはもう見られなくなるのか?

大学の春の一大イベントだった「新歓」はコロナで開催不可能に。しかしオンラインで行おうと努力する大学も少なくありません。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


キャンパスライフのスタートを飾る新歓

 大学の春を彩る一大イベントと言えば新入生歓迎会(新歓)です。新入生と在学生が集まる新歓の時期は、キャンパスに初々しく、そしてにぎやかな雰囲気が漂います。新入生にとっては、まさに「キャンパスライフ」を体現するイベントです。

 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で大学生の生活は一変。オンライン授業が主体となったことは、メディアでも大きく取り上げられています。制限されているのは授業だけでなくサークル活動も同様ですが、授業は対面形式が再開しつつあるものの、サークル活動はそれ以上に再開のハードルが高くなっています。

 青山学院大学(渋谷区渋谷)は感染予防対策・感染症発生後の対応を記入した計画書を作成。サークルや部、その顧問に対して情報共有を行わせ、計画書の提出を義務付けています。また、明治大学(千代田区神田駿河台)は課外活動の実施内容を、大学が設定するレベルに合わせて定めています。

かつての新歓コンパのイメージ(画像:写真AC)

 このように、サークル活動などはコロナ禍以前のように気楽に行えない状況で、サークル活動にひもづく新歓も大きな影響を受けています。しかし活動を行わなければ新入生は入会してくれません。そのため、各大学は新歓のオンライン化を進め、さまざまなイベントを行っています。

 この新歓のオンライン化は一見すると対面勧誘に比べてデメリットが多いように見えますが、実は時代にマッチしているのです。

ノリでサークルを選ぶことも回避できる

 通常の新歓はお祭り騒ぎの色が濃く、良くも悪くも「テンション高め」です。しかしオンライン化で、

・思わずノリでサークルに入ってしまった
・自分に合った勧誘チラシをもらえなかった

といった問題が起きにくくなりました。その結果、冷静に入りたいサークルの情報をチェックすることができるようになったのです。

新宿区戸塚町にある早稲田大学(画像:写真AC)

 もちろん、サークルや部活の上級生と直接話した方がサークルの雰囲気をつかみやすいのは言うまでもありません。しかしお祭り騒ぎが苦手な新入生も一定数存在します。

 また、長年問題視されてきたアルコールを伴う新歓コンパも同様で、早稲田大学(新宿区戸塚町)のようにルールを破った団体にペナルティーを課すと宣言している大学もあります。今回のコロナ禍をきっかけに、新歓コンパも健全さが一層高まっていくでしょう。

動画編集の経験を積める機会にも


【画像】実際の「オンライン新歓」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210417_shinkan_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画