新宿・飯田橋駅近くに、誰も住んでいないエリアがまだあった!

東京都の区部中央に位置する新宿区。そんな新宿区に人がひとりも住んでいないエリアがあるのをご存じでしょうか。その謎について、フリーライターの真砂町金助さんが解説します。


外堀にせり出すように建設されたビル

 約33万人の人口を抱える新宿区ですが、そのなかにはなぜか誰も住んでいないエリアがあります。住所で言うと「新宿区神楽河岸(かぐらがし)」。大人の文化が香る街・神楽坂に近く、「河岸」という名前も素敵です。

 周辺にあるのは、1982(昭和57)年完成の総合ショッピングセンター・飯田橋ラムラなどが入るふたつのビル。ビルの片方は住居棟のはずですが、人口はゼロ。なぜなのでしょうか。

 先に種明かしをすると、それは住居棟の住所は新宿区神楽河岸ではなく、隣接する「千代田区飯田橋4丁目」だから。しかもこのビルはよく見ると、外堀にせり出すように建設されているのです。

 早速調べてみると、この土地だけ外堀を埋め立ててビルが建設されていたことがわかりました。歴史的な景観である外堀をここだけ埋め立ててビルにする――その背景にはどんな物語があるのでしょうか。

堀の周囲のかつての光景

 外堀は江戸城築城の過程でできたもので、私財の運搬用だけでなく水運にも使われていました。

 先ほどの神楽河岸も、もとは「飯田濠(いいだぼり)」に面した神楽河岸という名前の揚場(荷揚げをする場所)があったところでした。

飯田橋ラムラ周辺(画像:真砂町金助)

 しかし戦後になって、東京では水運は過去のものとなっていきました。多くの水路が埋め立てられ、残された飯田濠は下水の流れ込むドブ川のようになっていました。高度成長期には堀の汚濁はすさまじく、常に悪臭を放つ公害の発生点になっていたのです。

 堀の周囲のわずかな土地には民家や倉庫などが並んでいましたが、背後が堀であることから周囲の発展から取り残されたような場所になっていたといいます。

 今では考えられませんが、飯田橋交差点付近にわずかに店舗がある以外は何もない、寂れたエリアだったのです。

人口ゼロになった理由


【地図】誰も住んでいない新宿区「神楽河岸」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210410_iida_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画