東京都に「ジュラシックパーク」があった? 知られざる熱帯自然林の正体とは

映画『ジュラシック・パーク』を彷彿とさせるような「ヘゴの森」が、東京都八丈島にあるといいます。紀行作家の斎藤潤さんでも「聞いたこともなかった」と言う珍しい森。斎藤さんがその地を歩きました。


島の百科事典にも載っていない

 知っているつもりの場所でも現地へ赴けば、必ず新たな発見があるのが旅の醍醐味でしょう。十数回は訪れている八丈島ですが、先日初めて会った島人が誘ってくれました。

「ヘゴの森へ、行ったことがありますか」

 ジュラシック・パークを彷彿(ほうふつ)とさせるような森が、八丈島にあるというのです。ずいぶん歩いている島ですが、そんな場所は行ったことはもちろん、聞いたこともありません。島の百科事典『シマダス』にも載っていないので、すぐに飛びつきました。

「ぜひ、歩いてみたいです。連れて行ってください」

「ヘゴの森」を歩く(画像:斎藤潤)

 大人の背丈をはるかに超えて成長し、幹はまるで木のように太く硬くなるシダがあります。

 熱帯・亜熱帯性のヘゴと呼ばれる木性のシダで、南西諸島では森などでごく当たり前に見かける植物。それでも、日ごろ見慣れていない人間にすれば、植物園の温室でしか見かけないような、エキゾチック極まりない植物でしょう。

 その自生北限地帯が、八丈島にある。それは知っていましたが、南西諸島と異なり、さすがに八丈島でもヘゴは珍しい。そんな貴重なヘゴの森があったのは、島の南半分を占める三原山の南麓でした。入り口には、特に案内板もありません。

ヘビのような模様のフルーツが


【画像】東京にある「ジュラシックパーク」の森

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210404_hachijo_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画