ボス恋・恋つづ・わたナギ……令和の人気ドラマが「胸キュン」だらけになった当然の理由

「胸キュンドラマ」などと称される恋愛ドラマが好調です。2021年3月16日に最終回を迎えたTBSテレビ系ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』も高視聴率をマークしました。なぜ今、こうした作品が人気なのか? ライターのふくだりょうこさんが解説します。


東京を舞台に胸ときめく恋愛模様

 2021年3月16日(火)に最終回を迎えたTBSテレビ系ドラマ『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』。

 東京の大手出版社を舞台に、上白石萌音さん演じるヒロイン・奈未と玉森裕太さん演じる宝来潤之介との甘いラブシーンだけでなく、間宮祥太郎さん演じる奈未の先輩で編集者・中沢涼太の真っすぐな思いも視聴者の心を掴みました。

心ときめく“胸キュン”な恋愛ドラマが好調な昨今。なぜ人気を集めているのか?(画像:写真AC)

 一時期は落ち込み気味だった恋愛ドラマですが、近年は再び本数を増やしています。特にTBSの火曜22時枠では多くの名作恋愛ドラマが誕生しました。

 この枠は長らくバラエティー番組が放送されていましたが2014年からはドラマ枠が復活。2016年の『ダメな私に恋してください』以降は恋愛ドラマが中心に制作されています。2020年は放送された4本すべて恋愛ドラマとなりました。

 東京など華やかな街を舞台に、主人公たちが胸ときめく恋を演じる作品の数々。なぜ今、恋愛ドラマが再び増えて、女性たちの心を掴んでいるのでしょうか。

多様な女性の生き方を描く

 恋愛ドラマ、とひと言で言ってみてもヒロインである女性像はさまざまです。

 例えば、『恋はつづくよどこまでも』(2020年1~3月)の佐倉七瀬はある男性医師にひとめぼれし、もう一度会いたい一心で看護師になります。

『私の家政夫ナギサさん』(同年7~9月)の相原メイはキャリア重視派で恋愛は後回し。『この恋あたためますか』(同年10~12月)の井上樹木は元アイドルで夢をなくし無気力に生きるフリーターでした。

「これは私かもしれない」という共感


【画像】近年の主な「胸キュン」ドラマ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210318_lovedrama_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_lovedrama_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_lovedrama_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210318_lovedrama_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画