東京の荒川が蛇行せず、ゆるやかなカーブを描いている必然的理由

東京人にとって知らない人はいない川、荒川。そんな荒川は他の川と異なり、蛇行せずにゆるやかなカーブを描いて流れています。いったいなぜでしょうか。地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


かつて「荒川放水路」と呼ばれていた荒川

 この数年、日本各地で豪雨災害が起きています。もし東京で洪水が起きるとしたら、最も被害が大きくなると危惧されているのが、荒川の氾濫です。

台風19号で増水した荒川。東北本線・京浜東北線荒川鉄橋付近。2019年10月撮影(画像:内田宗治)

 荒川の地形と歴史を見ておきましょう。

 東京の下町一帯を流れる川のうち、隅田川、中川、江戸川はくねくねと蛇行する区間が多いのに対して、荒川だけが蛇行せずにゆるやかなカーブを描いて流れています。その理由は都内における荒川のほとんどの区間が、人工的に造られた巨大な水路のためです。

 東北本線・京浜東北線荒川鉄橋(赤羽~川口間)の約1.5km下流に岩淵水門(北区志茂)があります。

 かつて荒川は岩淵水門より下流では、現在の隅田川部分を流れていました。当時の隅田川は、おおむね千住より上流が荒川、下流が隅田川、両国から河口までは大川と呼ばれていました。

 現在荒川は、岩淵水門で荒川(荒川放水路)と隅田川とに分かれます。ここから下流の現在の荒川は、川幅約500mで東京湾まで約22kmあるのですが、昔は田畑や荒れ地、一部人家や道路だった所を掘削して造られたものです。1965(昭和40)年まで荒川放水路という名称でした。

度重なる洪水に見舞われた関東平野

 なぜそんな大事業を行ったのかといえば、洪水対策です。関東平野は、何度も洪水被害に見舞われてきました。

 特に「明治43年の水害」(1910年)として歴史に残る荒川・利根川の氾濫は、「天明以来ノ大惨事」と言われ、260か所以上で堤防が決壊し、死者行方不明者840人以上、家屋の全壊・流失約5000戸、東京都(当時は東京府)だけでも被災者は81万6218人(『東京府水害統計』)にのぼるものでした。

荒川が決壊した1910年8月の大水害。本所亀澤町(現墨田区両国)付近。北区飛鳥山博物館刊『天明以来ノ大惨事』より

 1783(天明3)年、浅間山(長野県)が大噴火して火砕流を起こすとともに、火山灰で日照を遮り大飢饉(ききん)を引き起こした大惨事以来の天災と言われたわけです。

荒川はいつ氾濫してもおかしくない


【地図】荒川放水路を工事した際の「鐘ケ淵-北千住」付近の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200925_arakawa_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画