サザエ・マスオお見合いの場所! 都心のデパート大食堂が一大「行楽地」だった思い出

国民的漫画作品『サザエさん』のサザエさんとマスオさんがお見合いをしたのは、デパートの大食堂。そう、この場所はかつて、庶民がおめかしをして出かける立派な「行楽地」でした。昭和の懐かしい記憶とデパートの現代史を、フリーライターの大居候さんがたどります。


休日に家族で出かける場所だった

 かつてのデパートの名物といえば大食堂。

 今では、休日に家族で出かける先は郊外の巨大なショッピングモールの方が多数派かも知れません。でも、昭和から平成に時代が変わる頃まで都心のデパートが、その役割を果たしていました。

 家族連れでデパートを訪れて楽しむという文化が始まったのは大正時代であることが知られていますが、これは日本独自のものでした。

 当時、欧米のデパートは女性客を主体としたもの。それに対して日本では各々のデパートが家族連れで楽しめる行楽の場として集客することを考え、そのための要素を発展させていったのです。

 その代表的なものが、かつてのデパートの象徴でもあった大食堂です。日本で最初に食堂を設けたデパートは、日本橋(現・中央区)にあった白木屋でした。

作者・長谷川町子さんの生誕100年を記念して2020年2月から2021年11月まで全68巻が順次発売されているオリジナル版『サザエさん』(画像:朝日新聞出版)

 現在のコレド日本橋のところにあったデパートで、1999(平成11)年に惜しまれつつ閉店した東急百貨店日本橋店の前身です。

 白木屋では1903(明治36)年から、お汁粉やそば、すしなどの軽食を食べられる店舗を置いていました。これがデパートにおける食堂の最初の例と言えます。

 その後、白木屋では1911年の改装に際し、これを拡張する形で100席あまりの大規模な食堂をつくっています。この食堂では昼食50銭、サンドイッチの白木屋ランチは20銭、お汁粉5銭、ゆで卵2銭などのメニューがそろっていました。

サザエさんのお見合いは1956年掲載


【調査】コロナ禍の「集客ランキング」1位は意外な百貨店

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210122_depart_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210122_depart_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210122_depart_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210122_depart_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画