大都会の東京駅からなんと「荒川土手」まで! 路線バス「東43」系統で楽しむギャップ旅とは

東京駅と荒川土手を結ぶ都営バス「東43」系統。その魅力について、まち探訪家の鳴海侑さんが解説します。


東京駅と荒川土手の意外なギャップ

 東京の玄関口、東京駅。都内はもちろん、全国各地から鉄道路線や高速バス路線が集まってきます。周辺にはオフィスビルが多く立ち並び、まさに都心部と言えるエリアです。

 そして、もちろん路線バスも多く東京駅を発着します。晴海や豊洲といった臨海部方面へ向かうバスが中心ですが、それ以外にも南千住、錦糸町、目黒方面へ向かうバスもあります。

 その中にとても気になるバスの行き先があります。それが「東43」系統「荒川土手」行きです。都心部の「東京駅丸の内北口」を発着し、まちの端をイメージさせるような「荒川土手」に向かう路線バス。いったいどんな路線なのでしょうか。

都営バス「東43」系統が発着する「東京駅丸の内北口」6番のりば(画像:(C)Google)

「東京駅丸の内北口」バス乗り場はJR東京駅丸の内北口を出てすぐのところにあります。このバス乗り場から発着するのは「東43」系統のほか、錦糸町に向かう2系統と観光用の特殊な車両で運行される「S-1」系統「東京→夢の下町バス」のあわせて4系統です。

「東43」系統と「S-1」系統は乗り場も共用しており、片や観光系統、片やまちの果てまで行ってしまいそうな「荒川土手」行きのバスとユニークな組み合わせとなっています。ちなみにこのバス停から荒川土手へ向かうバスは1時間に1~2本。乗る際は時刻表を確認していきましょう。

「東京駅丸の内北口」バス停を出たバスは日比谷通りに出ます。右折して北に曲がるとまもなく大手町バス停です。大手町は地下鉄路線の集まる場所ではありますが、路線バスはこの「東43」系統のみが通ります。

 大手町を抜けると神田橋を渡り、道は日比谷通りから本郷通りに名を変えます。神田の中小オフィスビル群の中を抜けていくと、程なくして駿河台下交差点で靖国(やすくに)通りと交差します。このあたりでは神保町エリアらしく本屋やスキー用品店、カレー屋を車窓に見ることができます。

御茶ノ水から駒込、田端方面へ


【地図】都営バス「東43」系統の運行ルートを見る(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201229_higashi_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画