注目スイーツ「マリトッツォ」 東京に先駆けてブームを起こした2都市はどこ?【連載】アタマで食べる東京フード(18)

味ではなく「情報」として、モノではなく「物語」として、ハラではなくアタマで食べる物として――そう、まるでファッションのように次々と消費される流行の食べ物「ファッションフード」。その言葉の提唱者である食文化研究家の畑中三応子さんが、東京ファッションフードの今と歴史を巡ります。


流行のスタートは西日本から

 いま東京でブームがうたわれている「マリトッツォ」は、まず西日本で人気に火がついたイタリアンスイーツです。

2021年夏、あちこちで耳にするようになった新スイーツ「マリトッツォ」とは?(画像:写真AC)

 最初に作ったのは大阪の洋菓子店「パティスリー トルクーヘン」といわれ、2014年と飛び抜けて早かった。行列ができる福岡の人気ベーカリー「アマムダコタン」が手がけたのも2020年春と早く、この2店が流行の発信源とされます。

 2021年の4月初旬には京阪神一円でブームが巻き起こっていて、まだ名前を知る人も少なかった東京とは温度差を感じましたが、流行がやって来る予感はありました。

 基本、パンとクリームだけという単純な組み合わせなので、特別な開発をしなくても、すでにあるアイテムを有効活用して簡単に商品化でき、単純だからこその自由自在なアレンジが可能。

 現地そのままより、アレンジされた洋菓子を好む日本人にうってつけのアイテムだといえます。

 案の定、東日本でも着実に知られるようになり、5月には山崎製パンの袋入りマリトッツォが東京のスーパーにお目見え。あれよあれよという間にセブンイレブンも発売し、ファミリーマートからはマリトッツォ風の「クリームシフォン」が登場しました。

 実際にブームになる前からブームがささやかれ、気がついたらスーパーとコンビニにも普及していた。おそるべきスピード感です。タピオカ以来、食品業界が待ちかねていたヒット作の到来でした。

発祥は古代ローマ時代?


【画像ギャラリー】変わりダネ続々。インパクト大のマリトッツォ(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210807_marito_03-150x150.jpeg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画