80年代ドラマの傑作『男女7人夏物語』で一躍有名に 江東区「清澄」の歴史をたどる

今やオシャレな人たちが集まる清澄白河周辺ですが、かつては倉庫が並ぶエリアでした。かつての人気ドラマから、同地の変遷を20世紀研究家の星野正子さんがたどります。


トレンディードラマで注目浴びた清澄エリア

 隅田川にかかる橋の中でも勝どき橋と並ぶ美しい橋として知られるのが、1928(昭和3)年完成の清洲橋です。

 当時の深川区「清」住町と日本橋区中「州」を結んでいたことからこの名前が付けられ、『断腸亭日乗』『ぼく東綺譚(「ぼく」はさんずいに「墨」)』で知られる小説家・永井荷風の作品にも取り上げられています。

 しかし、そんな清洲橋が最も注目された作品といえば『男女7人夏物語』で、TBS系で1986(昭和61)年7月から放送され、最高視聴率31%を獲得したトレンディードラマの元祖といわれています。

『男女7人夏物語』(画像:TBSテレビ)

 この番組で明石家さんまと大竹しのぶが出会ったり、石井明美の歌う『CHA-CHA-CHA』が大ヒットしたりと、『男女7人夏物語』は語るべき要素の多い作品です。また明石家さんまの演じる主人公・今井良介のマンションが日本橋中洲に、大竹しのぶの演じる神崎桃子のマンションが清澄にあるという設定でした。

サードウェーブコーヒーも人気の追い風に

 清澄といえば、今でこそ都営大江戸線の駅である「清澄白河」の名前でよく知られており、駅前からは深川江戸資料館(江東区白河)へと江戸情緒のある街並みが続いています。

 かつては倉庫街だった一帯はリノベーションされ、現在はオシャレなカフェなどに変身しています。きっかけは2015年2月のブルーボトルコーヒー日本1号店のオープンで、その後、サードウェーブコーヒーという言葉が大はやり。同店に続いてオープンしたカフェにも大行列ができ、話題を呼びました。

オープンから3か月が経過したブルーボトルコーヒー日本1号店。2015年5月撮影(画像:(C)Google)

 そんな頃に筆者も足を運んでみましたが、オシャレな若い男女が行列している一方、味のある下町のおじさんたちが「寒い日に飲むと、なかなかうまいな」と江戸弁で話していたのが印象に残っています。

『男女7人夏物語』がヒットした35年前には、清澄は倉庫の多い完全な下町。東京に住んでいる人でも行ったことがある人は、ほとんどいないエリアでした。もう少し南の深川八幡あたりは古くから栄えているエリアでしたが、清澄は真逆でした。そんな街の価値がこのドラマによってガラリと変貌したのです。

かつては区役所もあった


【80年代TVドラマ ランキング】ふぞろいの林檎たち、西部警察……『男女7人夏物語』は何位だった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201202_natsu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画