未来の東京中華が楽しめる「池袋チャイナタウン」という異界

池袋駅の西口(北)を出ると広がるチャイナタウンとしての池袋。その魅力について、法政大学大学院教授の増淵敏之さんが解説します。


東京都に約22万人が住む中国人

 ここ数年、訪日外国人や日本で暮らす外国人の数は増加の一途を辿っています。法務省によると、入管法上の在留資格をもって中長期間在留する外国人(中長期在留者)は2018年末で約241万人、特別永住者は約32万人とのこと。これらを合わせると約273万人となり、前年より17万人(6.6%)増加したことになります。

池袋駅の西口方面の商店街の様子(画像:写真AC)

 大阪市の2019年10月1日(火)時点の推計人口が約274万人ですから、ちょうど大阪市と同じくらいの在留外国人が暮らしていることになります。人口の第1位は中国人で約77万人(前年比4.6%増)、第2位は韓国人で約50万人(同0.2%減)です。第3位のベトナム人は33万人(同26.1%増)と急増していますが、やはり中国人の存在が際立っています。

 中国人は東京都に約22万人、区部にはそのうち約19万人が暮らしており、江戸川区、江東区、板橋区、足立区、豊島区、葛飾区、北区の順番となっています。韓国人や台湾人、ベトナム人、ネパール人が新宿区を中心にして暮らしているのに比べ、幅広く分布しているのが特徴です。

 今後、政府の政策からも外国人は増え続けていきます。10年前には考えられなかった状況です。2020年の東京オリンピックで訪日観光客はさらに増え、世界から見て日本や東京は一層身近な存在になっていくでしょう。

日本は中国料理を大雑把に捉えている


【画像】ニューヨーク、ロンドン、シンガポール……世界各国のチャイナタウンを見る?(11枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191113_chuka_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画