ネットも恋活アプリもない70年代、若者は伊豆諸島「新島」へ向かった……いったいなぜ?

令和の2020年。若者が新たな「出会い」を求めるとすれば、SNSやマッチングアプリなどを使うのが定番でしょうか。今から半世紀近く前の70年代、東京の若者たちは夏になると出会いを求めて伊豆諸島の新島へ渡ったといいます。一体なぜなのでしょうか。フリーライターの真砂町金助さんが紹介します。


夏の往年の定番スポットといえば

 かつて東京の若者たちが夏の思い出をつくるために大挙して押し寄せるスポットがふたつありました。山は清里(山梨県)、海は新島(新島村)です。

 廃墟となった建物が残っていることから今もときどき話題になる清里に比べて、新島は伊豆諸島の離島ということもあってか、それほど顧みられることはありません。

 いったい、あのブームはなんだったのか。今一度振り返って見ましょう。

昭和40年代から若者が押し寄せる島に

 渋谷駅にあるモヤイ像の材料である抗火石(こうかせき)の産地としても知られる新島。

新島(画像:写真AC)

 この島が夏になると若者が押し寄せる島となった歴史は古く、昭和40年代からだったとされています。

 発端は今となっては資料も見つからないため不明ですが、砂浜が広いことからサーファーが集まるようになり、次第に女性誌や若者雑誌が取り上げ、さらに若者たちが集まったとされています。

 新島の繁栄は清里と並んで、バブル景気の頃と思われているのですが、実は意外に繁栄の時代は長かったのです。

バブル以前の若者たちが抱いた夢


【地図】伊豆諸島の「新島」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_04-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_05-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_06-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_07-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_08-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_09-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_10-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_01-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_02-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201126_shima_03-1-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画