今から60年前、東京タワーは完成直後「曲がっている」とうわさされたことがあった

今でも東京を象徴する東京タワー。そんな東京タワーにまつわる過去にうわさについて、フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


今でも東京を象徴する東京タワー

 東京の象徴といえば、港区芝公園にある東京タワーです。電波塔としての役目も、その高さでもトップの座を譲りましたが、東京を象徴する建築物であることは間違いありません。鉄骨がむき出しという武骨さも親しまれる理由でしょう。

東京タワー(画像:写真AC)

 この東京タワーを設計したのは、内藤多仲(たちゅう)という人物です。

 新宿若松町にある日本最初の鉄筋コンクリート壁式構造建築「早稲田大学 内藤多仲博士記念館」は、内藤が建築した自らの家です。柱や梁(はり)を使わず、壁と床スラブだけで建物を支えており、現在も建築学科の学生が利用する生きた教材です。

 そんな内藤の技術理論が高い評価を得たのは、1923(大正12)年の関東大震災です。多くの建物が大破する中、内藤が手がけた日本興業銀行本店や当時建築中だった歌舞伎座はびくともせず、その耐震構造が注目を集めました。

 特に内藤に依頼が多かったのは鉄塔です。愛宕山に建設されたNHKの放送塔を皮切りに各地にラジオ局が建設されると、自立式三角鉄塔2基を1組とした塔を全国で設計しました(『東京新聞』2006年7月1日付朝刊)。

災害に強い東京タワー

 戦後になると、名古屋テレビ塔、2代目通天閣、別府タワー、博多タワーなどを次々と設計。内藤は1970(昭和45)年に亡くなりますが、その死後も「塔博士」「耐震構造の父」と呼ばれ尊敬されています。東京タワーを初めとする鉄塔はもちろん、大丸京都店など多くの建築物が現役で使われています。

 実際、内藤の設計の正しさは東日本大震災でも証明されています。このときには揺れでタワーの頭頂部が曲がる被害が発生しましたが、それ以外に大きな問題は起こりませんでした。

東京タワーの展望台からの眺め(画像:写真AC)

 フィクションの世界では怪獣に壊されたり、折れたり曲がったりしている東京タワーですが、現実はちょっとやそっとではびくともしないのです。

完成後に流れたうわさ


【東京タワーは何位?】旅行情報誌『じゃらん』調べ 「きらめく夜景絶景ランキング」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201123_tower_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画