熱狂は『鬼滅の刃』以上? 40年前の新宿で始まった歴史的「アニメ伝説」とは

公開から31日間で興行収入が233億円を記録し話題となっている、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。そんな熱狂以上のパワーが40年前にあったのをご存じでしょうか。20世紀研究家の星野正子さんが解説します。


公開31日で興行収入233億円を記録

 コロナ禍にも関わらず、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が大ヒットしています。10月16日(金)の公開から31日間で興行収入は233億円を記録し、観客動員数は1750万人を突破。歴代興行収入ランキング5位にランクインしました。

TVアニメ『鬼滅の刃』(画像:(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable、エクシング)

 これまで日本で公開された映画の興行収入ランキングは1位から、

・『千と千尋の神隠し』(2001年、308億円)
・『タイタニック』(1997年、262億円)
・『アナと雪の女王』(2014年、255億円)

で、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』がどこまで迫るのか、そして越えるのかが目下の話題です。その盛り上がりからは、同作を見ないとあたかも「時代遅れ」になってしまう空気すら感じます。

 アニメ作品で映画館に行列ができる――そのようなことが大きく注目されたのは、1981(昭和56)年3月。それ以前も『宇宙戦艦ヤマト 劇場版』(1977年公開)に中高生が行列したことが話題となりましたが、本格的に注目を集めたのはこの時でした。

 3月14日、春休み向け劇場アニメの封切りが予定されており、映画業界では「3・14決戦」として興味の的になっていたのです。

 劇場のラインアップは松竹系列の『機動戦士ガンダム』、東宝系列の手塚治虫原作『ユニコ』と『おじゃまんが山田くん』、東映系列は『東映まんがまつり 白鳥の湖』のほか、『宇宙戦艦ヤマト』の「ヤマトよ永遠に」「新たなる旅立ち」の再上映を予定していました。

80年代、アニメは「若者の共通体験」になった


【600人に聞きました】今年の流行語、『鬼滅の刃』は何位に入る?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201117_kimetsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201117_kimetsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201117_kimetsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201117_kimetsu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画