近距離切符を一掃! 自動改札機普及のきっかけとなった「イオカード」を覚えていますか

今では定番となったSuicaやPASMOが登場する前に、普及していた磁気式プリペイド乗車カード「イオカード」。その思い出について、フリーライターの小西マリアさんが解説します。


変わりゆく駅改札の光景

 東京の「最先端」を感じられる場所は数あれど、最も身近なのは鉄道駅ではないでしょうか。

 地方は県庁所在地の都市でも有人改札が少なくありませんが、東京ではもはや過去のもの。駅員が改札鋏をカチャカチャさせて立っている「ラッチ」も、改修工事で撤去され見られなくなりました。

 有人改札だった東急池上線の五反田駅や、乗り換えの切符を有人窓口で購入していた西武新宿線の高田馬場駅の風景も、今や人々の心の中に残るのみとなりました。

 そればかりではありません、切符に続く「乗車カード」も次々とその姿を変えています。

当時、メディアからも大注目

 SuicaやPASMOのような、あらかじめチャージするタイプの乗車カードは、今や東京での生活に欠かせません。そんな乗車カードが普及したのは1991(平成3)年から。JR東日本が山手線の一部駅間で使用を開始した「イオカード」です。

 ちなみ「イオ」の名前は、デジタル信号を意味する「1」「0」を、英語の「i」「o」にデザインしたことに由来します。

イオカード(画像:JR東日本)

 JR東日本が、切符不要の前払い式カードを発売すると発表したのは前年の1990年でした。

 国鉄時代の1985(昭和60)年にはオレンジカードも発売されていましたが、こちらは前払いで購入したカードを使って自動券売機で切符を購入するもの。それが、自動券売機に並ぶことなく、自動改札機を直接通ることができるとなれば、注目が集まるのは必然です。

 そのインパクトたるや、メディアに、

近距離切符を一掃する新兵器(『読売新聞』1991年1月5日付朝刊)

と書かれるほどでした。

 改札業務の効率化・省力化を行うため、この頃、前払い方式の乗車カードを普及させる動きは首都圏の鉄道各社で進んでいました。

 これには幾つかの段階があります。

 まずは、裏に磁気の入った切符を販売する自動券売機の導入。続いて、その切符に対応する自動改札機の整備。そして、カードの導入というものです。これにいち早くたどり着いたのがJR東日本だったのです。

予見されていたクレカ連動機能


【グラフ】2006年1月サービス開始! 「モバイルSuica」会員数の推移を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201017_card_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_card_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_card_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201017_card_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画