ラベルのないペットボトル、あなたは支持派? コロナ禍で浸透加速「ラベルレス商品」を考える

経産省の省令改正を背景に、ペットボトル飲料のラベルレス化が加速しています。環境問題だけでなく、コロナ禍の昨今、ラベルレス化は消費者にどのようなメリットがあるのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


各人の身近に迫っている環境問題

 新型コロナウイルスの感染拡大は、東京の日常を一変させました。マスクの着用や手洗いの推奨、スーパーなどの小売店では入り口に消毒液が、レジにはビニールカーテンが設置されるのは当たり前になっています。

 また、感染拡大を少しでも避けようとする心理的な働きもあり、都内の飲食店のテイクアウトも普及拡大しています。

 そんな“新しい生活様式”が浸透する中で、コロナ禍をきっかけに環境問題への取り組みも進んでいます。

 昨今の環境問題で注目された取り組みは、環境負荷の高いプラスチック製ストローからリサイクルしやすい紙製ストローへの切り替え、レジ袋削減のために2020年7月1日(水)から実施されたレジ袋有料化などがすぐに思い浮かびます。

 環境問題は私たちの生活に影響を与えるため、各方面で対策を講じていかなければなりません。

加速するペットボトル飲料のラベルレス化

 昨今、環境問題の取り組みとしてメーカーが傾注しているのはペットボトル飲料のラベルレス化です。

ラベルレスのペットボトル飲料(画像:日本コカ・コーラ)

 かつて缶や瓶で販売されていたドリンク類は、いまや多くがペットボトルに切り替えられています。

 ペットボトルへの切り替えは、瓶や缶に比べると軽量で破損しにくいというメリットがあります。そうした利点から輸送や保管に優れ、メーカーに重宝されてきたのです。

わざわざ包装やラベルがあるワケ


【ゴミ分別に関する意識調査】ストレスと感じるゴミ分別作業、「ペットボトルのラベルはがし」は何位だった?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200902_label_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画