絶海にそびえる高さ100mの岩柱! 伊豆諸島の最南端にある「孀婦岩」とは何か

到達困難な島として知られる伊豆諸島の「青ヶ島」。同島よりさらに南の場所に位置する岩「孀婦岩」について、フリーライターの県庁坂のぼるさんが解説します。


こんなところまで東京都なのか

 東京都は、世界でも珍しい土地を含んでいる自治体です。とにかく広い。その島しょ部は、はるか南の海まで広がっているのです。

 そんな島しょ部の中でも「なんだこれは……」と、好奇心を刺激されるのが伊豆諸島の最南端に位置し、東京から南へ650㎞に場所にある「孀婦岩」(そうふがん)です。

 孀婦岩は、あの到達困難な島「青ヶ島」よりも南にある「岩」です。

 島か岩かというのはとても微妙な問題で、200カイリの排他的経済水域を主張するためには、「水面から出ているものは、みんな島だ」と言わなければならないためです。

 国によっては、人間が到底住めないような岩まで、周囲を埋め立てて島にしています。そうした国際法上の問題点を無視すれば、孀婦岩は名前の通り岩なのです。

標高99m、東西84m、南北56m

 その姿には、思わず目を見張ります。

 標高99m、東西84m、南北56m。周囲に水平線しかない太平洋の中から突然垂直の岩が突き出たような姿をしているのです。なお一番近い島である鳥島から約80kmも離れています。

孀婦岩(画像:海上保安庁)

 この孀婦岩は、伊豆諸島のほかの火山島と同じく火山の一部です。カルデラ式火山の外輪山の一部が地上に飛び出したのが孀婦岩というわけです。

 これまでの調査で、孀婦岩の南西2.6km、水深260mのところに活火山の火口があることがわかっています。火山全体は海底から2500mの高さがあり、巨大な火山が自然のいたずらでこのような地形を生み出したことがわかります。

発見は約230年以上前


【地図】「孀婦岩」のある場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_17-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_18-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/20200821_soufu_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画