金看板の「高カロリー路線」を撤廃? コメダ珈琲が銀座で「植物性メニュー」の店をオープンするワケ

2020年7月13日

お出かけ
ULM編集部

コメダ珈琲といえば名古屋発祥のカフェチェーン。名古屋らしい(?)ド派手なメニューが人気ですが、このたび「植物性メニュー」だけを提供するお店を銀座にオープンするそうです。一体なぜ?


ド派手なメニューが人気のコメダ

 どうもネット界わいには「コメダをキメる」という言い回しがあるようです。

「朝からコメダをキメてきた」
「コメダをキメねば夏は越せぬ」

……ほかにもいろいろあるのですが、意味するところはカフェチェーンのコメダ珈琲店で、飲んだり食べたりするということ。

 このような表現が生まれた理由のひとつに、同店メニューの「カロリーの高さ」があるようです。

 バターたっぷりデニッシュパンにうずたかく盛られたソフトクリーム、そして甘~いシロップの3点セットがそろった名物「シロノワール」は、933kcal。そして1968(昭和43)年の創業から変わらず本社を置く名古屋の代表的味付け「みそカツパン」は、1298kcal。

 ハイソでエレガントな東京の上品なカフェ文化を蹴散らすような、ド派手で手加減のない、そしてもちろんおいしいメニューの数々が人気を博して、今や全国に800店以上を数える人気チェーンへと成長を遂げています。

 そのコメダ珈琲が2020年7月15日(水)、東銀座に「100%植物性メニュー」だけを提供する新しいカフェをオープンするとのこと。

 あのコメダが植物由来メニュー。一体なぜ? そう思わずにはいられません。

「カフェ界のカロリー王」の称号を手放してしまうのでしょうか。真意を聞くべく9日(木)に開かれた事前試食会にお邪魔してみることにしました。

直径13cm 巨大なバーガーも植物性


【画像】植物性と見抜けますか? コメダ珈琲の新メニューの数々(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200709_komeda_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画