東京を癒す――港区「お寺ヨガ」に込められた、インド人女性講師の想いと数奇なヒストリー

港区の神谷町光明寺で日曜朝に開かれている「お寺ヨガ」が人気です。開催しているのはインド人女性のヌプル・テワリさん。会を開くことになったきっかけは、2016年に発生した熊本地震だったといいます。


体も、心もほぐれていく

 さわやかな日曜日の朝。東京タワーがよく見える神谷町光明寺(港区虎ノ門)に、さまざまな顔立ちの人たちが集まってきます。

 欧米人、日本人、南米系の人々やアジア系……。輪の中心にいるのは、インド人女性のヌプル・テワリさん。流暢な日本語と英語でみんなに声をかけ、今朝も「お寺ヨガ」が始まります。

 お寺の澄んだ空気の中でゆったりと呼吸をし、手足を伸ばしてポーズを取って、瞑想をする。ほぐれていくのは体だけではありません。なんだか心も落ち着いてきて、リラックスしてくるのを感じます。

 朝の1時間たっぷりと体を動かし、目を閉じて心をクリアにすることで、だんだん今日がいい1日になるような気がしてくるのです。

 そんなことを言うとヌプルさんは「違うの。気がする、じゃないの。本当にいい1日になるの!」なんて優しく笑うのでした。

 彼女はヨガの間中ずっと、気持ちがやわらかくなるよう、ゆるやかになれるように静かに声をかけてくれます。その声のもと、いろいろな国の人たちがのびやかなポーズを決めて、呼吸をひとつにしていきます。

「Heal Tokyo」の活動を行っているヌプル・テワリさん。日本語も堪能(画像:室橋裕和)

 ヨガはブームを越えて日本に定着し、さまざまな教室が開かれるようになりました。けれど本場インドの人が教えてくれて、しかもお寺で体験できるというのは、この「Heal Tokyo(ヒール トウキョウ)」だけかもしれません。

 それに何といっても参加者の国際的な顔ぶれ。国を越えて友達をつくるのにぴったりの場所でしょう。

 参加者はみんなフェイスブックなどで「Heal Tokyo」のことを知り集まってくるのだそう。日本に暮らしている外国人、旅行者、それにもちろん日本人も大勢やってきて、ヨガのあとは一緒にお茶を楽しむこともあります。

きっかけとなった、2016年熊本地震


【画像】お寺の畳で、レッツ・インターナショナル・ヨガ!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191129_yoga_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_yoga_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_yoga_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_yoga_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_yoga_02-150x150.jpg

New Article

新着記事