夏の風物詩・金魚は、いつから「ペット」になったのか? 意外と知らない歴史秘話とは

夏祭りに欠かせない、美しく愛らしい金魚。子どもの頃に縁日ですくった、今も自宅で飼っている、という人も多いでしょう。しかしそもそも、金魚はいつ、どのような理由で飼われるようになったのでしょうか? フリーライターの夏野久万さんが歴史をたどります。


夏の思い出と縁の深い、金魚

 夏の風物詩といえば、何を思い浮かべますか。花火大会や夏祭りなど、人それぞれ違うかもしれませんが、素敵な思い出にひも付いている人も少なくないでしょう。

子どもの頃に縁日ですくった、今も自宅で飼っている、という人も多い「金魚」(画像:写真AC)

 なかでも「金魚すくい」は、祭りに彩りを添える人気もの。金魚柄の浴衣やハンカチなどを見るだけで、昔見た風景を思い出して懐かしさを覚える人もいるかもしれません。

 金魚は古くから、祭りやイベント時だけではなく、日常生活の中でも日本人に愛され続けてきました、今回はそんな金魚のお話です。

江戸の庶民に愛された金魚

 夏の風物詩と言われている金魚は、実はフナの仲間で突然変異をして、長い年月を掛けて今のような色鮮やかな金魚となりました。赤や黄金色をはじめ、色鮮やかなカラダをくねらせ泳ぐ様は、私たちに癒やしを与えてくれます。

 そんな金魚が生まれたのは中国。日本には、室町時代にやってきたと言われています。その際は、お金持ちの間で好まれ飼育され、江戸時代中期に庶民にも浸透したのです。

金魚に魅了された日本人


【貴重画像】かわいい! 浮世絵に描かれた「金魚」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/210603_kingyo_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画