府中に徳川家康が豊臣秀吉のために建てた「御殿」があった 府中本町駅すぐそば、跡地にはいったい何が?

東京都府中市の府中本前駅すぐ近くに、徳川家康が豊臣秀吉のために建てた御殿があったのをご存じでしょうか。旅行ジャーナリストで地形散歩ライターの内田宗治さんが解説します。


近年の発掘でわかった御殿

 戦国時代の覇者で歴史上のスターといえば織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人です。江戸幕府を開いた徳川家康は別として、信長、秀吉は活躍の場が関西や中京地方のため、江戸(東京)にはほとんど縁がないと言われてきました。

 歴史好きとしては、そうしたスターたちゆかりの地を訪ねたいのですが、東京には該当する場所が家康関連を除きほとんど無かったわけです。

 ですが近年の発掘で、「秀吉に関しては覆った!」という説が有力になりました。多摩川の見晴らしがいい府中市内の高台に、家康が秀吉のためにつくった御殿があり、その御殿を秀吉が訪れたようなのです。

元々はイトーヨーカドーの駐車場

 JR南武線・武蔵野線「府中本町駅」の改札口を出ると、駅の隣に空き地が広がっています。京王線「府中駅」からも歩いて10分ほどの所です。

 駅前ががらんとしてほとんど何もない空間で、とても不思議な感じがします。ここが「国司館と家康御殿史跡広場」(6月1日より入園再開予定)です。広場の一郭に、国司館が10分の1復元模型が置かれています。

国司館と家康御殿史跡広場。2020年5月撮影(画像:内田宗治)

 2010(平成22)年、この地で掘立柱建物跡(ほったてばしらたてものあと)や塀跡、鍛冶炉跡など数々の遺構と共に江戸時代前期の三つ葉葵(あおい)紋の鬼瓦が出土しました。

 三つ葉葵はいうまでもなく徳川家の家紋です。この出土は遺構と徳川家との関係を決定付け、発掘関係者の間で衝撃的な成果となりました。

 同地は古くから「御殿地」と呼ばれ家康が建てた御殿があったと伝説のように語られていました。その一方で伝説は一般に忘れ去られていて、昭和40年代の武蔵野線工事の際に土地が削られたり、平成の初期には製粉工場、その後はイトーヨーカドー(府中店)の駐車場になったりしていました。

 イトーヨーカドーが当地への店舗移転を決め駐車場を解体したところ、遺構が次々に見つかり、移転を取りやめにした経緯があります。

豊臣家への忠誠を誓った家康


【地図】駅からすぐ! 徳川家康が建てた「家康御殿史跡広場」の場所をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200531_ieyasu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画