私だって「ほんのり酔いたい」夜がある……浅草の「日本酒アイス」が女性に人気を博すワケ

2020年5月22日

お出かけ
ULM編集部

アルコール度数4%の「ほんのり酔える」日本酒アイスが今、人気です。ヒットの理由は、アルコール離れが指摘される若い女性をターゲットにした商品開発にあったようです。


ビールだけがアルコール需要ではない

 アルコール度数3%のサントリー「ほろよい」をはじめ、低アルコール飲料が堅調な人気を見せています。

 お酒といえば以前なら、ジョッキのビールに代表されるような「タフでマッチョ」なジャンルというイメージ。しかし今や「デザートのように甘くおいしく、ほろよい気分を味わえる」ものとしての需要も女性を中心に高まって、アルコール市場の一角を担うまでになりました。

ほんの少しだけ酔いたい夜がある、そんな女性が増えている?(画像:写真AC)

 この「デザートのよう」でいて「ほんのり酔える」というニーズをそのまま体現しヒットした商品があります。日本酒を練り込んだアイスクリーム「SAKEICE(酒アイス)」です。

度数4%の「日本酒アイス」好調の背景

 日本初という「高アルコール濃度アイスクリーム」SAKEICEはアルコール度数が4%。お酒がそこまで強くないという人であれば、1個で十分「ほろ酔い気分」を味わえる一品です。2020年3月、台東区浅草に実店舗がオープンしました。

人気上昇中の「SAKEICE」(画像:えだまめ)

 開店直後から大勢の客を集めたものの、新型コロナウイルスの影響で営業時間が短縮に。そこで通信販売事業の立ち上げを掲げてインターネット上のクラウドファンディングで支援金を募ったところ、目標設定金額(30万円)の実に9.3倍に当たる280万円超が寄せられる反響を集めました。

 この商品がこれほど受けた理由は何なのか、企画・販売している株式会社えだまめ(渋谷区恵比寿南)広報担当の丹波(たんば)由布子さんにお話を聞きました。

アルコール離れの若者ターゲット


【自粛が明けたら】日本酒アイスのお店の場所を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200522_nihonice_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_nihonice_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_nihonice_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_nihonice_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_nihonice_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画