都内最古の銭湯 店主は震災利益を義援金に回した「江戸の心意気」を持つ人だった

東京で最も古い銭湯が江戸川区にあります。創業はなんと246年前。なぜそこまで長く続いているのでしょうか。その裏には、店主の「原点」を忘れない姿勢がありました。


船問屋から銭湯へ

 都営新宿線「船堀」駅から徒歩5分。閑静な住宅街にひと際目立つ看板があります。1773(安永2)年創業、都内最古の銭湯「あけぼの湯」(江戸川区船堀)です。

「あけぼの湯」のフロントで笑顔を見せる店主 嶋田照夫さん(2019年5月、高橋里実撮影)

 江戸時代は船問屋をしていたという「あけぼの湯」。夕方になると関所が閉まるため、一泊するお客さんが多く、「お風呂もあればいいなぁ」という声が上がったことから、銭湯を始めたという歴史があるそうです。それから明治・大正・昭和と人の流れが変わり、現在の場所に移ったのは1953(昭和28)年のこと。

 そんな「あけぼの湯」の19代目店主が嶋田照夫さんです。もともとは会社員でしたが、婿養子に入ったことがきっかけで、1985(昭和60)年に継ぐことになりました。

「独身のころはサウナが大好きでね。仕事終わりにサウナに行って、それから最後にビールを飲むのが一番の楽しみだったんだよ」

 そのころの思い出が強かったものの、当時のあけぼの湯はまだ、湯上がりにビールを飲めませんでした。婿養子で入ったものの、「なぜ銭湯でビールが飲めないのか」と思い、お義父さんに直談判。手続きなど、手間がかかる部分もあったそうですが、休憩スペースでビールを出せるようになったことで、お客さんの笑顔も増えたそうです。

「自分の好きなことっていうのは、相手にも喜んでもらえるんだなと実感した瞬間でしたね」

 今でこそ、天然温泉の銭湯ですが、もともとは「普通」の銭湯だったそうです。お客さんから、「ここはあったまるねぇ」「温泉なの?」などと聞かれることもありましたが、そのたびに「井戸水だから、温泉じゃない」と答えていたという嶋田さん。しかしある日、周辺で温泉が湧いたという話を耳にします。

「うちも井戸水を調べてもらったら、本当に温泉で。びっくりしたよ」

東日本大震災で垣間見えた助け合いの心


「あけぼの湯」まるごと写真館!(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190507_akebono_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly