約100年前に勃発、村民の存亡をかけた「玉川上水盗水作戦」とは何か?

住宅が密集する幡ヶ谷エリアに約100年前、水を巡る知られざる戦いがありました。そのエピソードについて、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


玉川上水とは何か?

 京王線笹塚駅の南口駅前には、江戸時代に築造された玉川上水の一部が、今も水面を見せています。両岸には桜が植樹され、春には花を咲かせて通るものを楽しませ、夏には深い緑が上水路にアーチをかけて、オアシスのような空間を作り出します。そんな上水跡の一角に、かつて上水の水を分水していた分水口の跡がひっそりと眠っています。今回は、その小さな石垣に秘められた、壮絶な村民生き残りの物語です。

下流域では数少ない水面が見える笹塚駅南口付近のオアシスのような玉川上水跡(画像:黒沢永紀)

 江戸時代の初期、市中の人口の急増によって、従来の神田上水だけではまかないきれず、急遽築造されたのが玉川上水でした。玉川兄弟の指揮のもと、羽村(現在の東京都羽村市)から多摩川の水を取水し、四谷大木戸(四谷4丁目交差点付近)まで、総延長約43キロの人工水路を、わずか8か月(一説には1年5か月)で造ってしまったというから、驚きに絶えません。

 現在、上流区域は江戸時代と同様に多摩川からの分水が通水し、清らかに流れる水面を見ることもできますが、京王井の頭線の富士見ヶ丘駅の南付近で暗渠になり、それ以降四谷4丁目まで水面が見えるのは、この笹塚駅南口周辺の2か所と京王線代田橋駅の東側の一部だけとなっています。なお、上流部は、江戸時代と同様に多摩川からの分水が今も流れますが、笹塚および代田橋界隈の水流は、多摩川のものではなく、近隣の地下水や天水によるもの。そのため、勢いよく流れることはありません。

分水口の大きさはキャッシュカードの3分の2

 1700年代に入って武蔵野に新田が開発されると、それに併せて多くの分水路が設けられ、玉川上水は新田開発に大きく貢献しました。上流の分水口はサイズが大きく、特に有名な野火止(のびどめ)用水は6尺(約180cm)四方もある巨大な分水口でした。平均的には1尺(約30cm)四方で、最も小さかったのが幡ヶ谷の分水口。そのサイズはなんと2寸(6cm)四方程度というから、キャッシュカードの3分の2程の大きさしかなかったことになります。冒頭で触れた小さな石垣が、この幡ヶ谷の分水口の跡です。

幡ヶ谷分水口の跡。現在残るのは最後に分水口が拡張された後のものと思われる(画像:黒沢永紀)

 幡ヶ谷分水口から分かれた上水は、笹塚駅から見て主に北東の方角に当たる幡ヶ谷村一帯の農業用水として使用されていました。今でこそ密集する住宅地ですが、戦前までは農耕地で、ところどころに水車が回る田園風景が広がっていたエリアです。

村民の存亡をかけた大作戦


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(13枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_hatagaya_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画