カネカ炎上に潜む、「父親の『形だけ』子育て」という本質 保育士経験者が見た現実とは

カネカの元従業員の妻が「夫が育休復帰直後に転勤を言い渡され退職した」ことをツイッターで告発し、同社に批判が集まっています。この件について、保育園で勤務経験があり、自身も子育て中のライター 秋山悠紀さんが見解を語ります。


「育休復帰直後に転勤」、カネカに批判殺到

 東京都産業労働局の「平成30年度 東京都男女雇用平等参画状況調査 結果報告」によると、平成30(2018)年の東京都の育児休業取得率は男性従業員16.6%、女性従業員95.9%でした。男性従業員の取得率は、前年度調査(12.3%)から4.3ポイント上昇していますが、女性の取得率に比べるとまだまだ低いことが分かります。

東京の男性の育休取得率はまだまだ低い(画像:写真AC)

 そんななか、男性の育児休暇の取りづらさを証明するような大手企業の対応が発覚し、批判が殺到しています。

 化学メーカー大手のカネカ(港区赤坂)の元従業員の妻が、「育休を取得した夫が復帰明け直後に転勤を命じられた。転勤時期の延長や有給取得の申請を相談するも却下され、結局退職した」と、同社への告発を示唆するツイートを投稿したところ、一気に拡散しました。

 育休明けに、従業員に転勤の辞令を出すこと自体は違法ではありません。それでもSNS上などでは、「パタハラ(パタニティ・ハラスメント)だ」「男も育休取れ取れって言っておいて、取ったらこの仕打ちはひどい」と、カネカに対して批判が殺到しています。

 この件を受けて、実際に子育て中であり、保育園勤務経験者である筆者が「夫婦で子育てすること」のリアルや父親が子育てに参加することの重要性についてお話します。

最近は父親も子育てに参加するようになった?


2019年「たまひよ 理想のパパランキング」 杉浦太陽、りゅうちぇる、1位は……?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190606_kaneka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190606_kaneka_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190606_kaneka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190606_kaneka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190606_kaneka_02-150x150.jpg

New Article

新着記事