安易な地方移住に喝! 地域の伝統文化を「面白い」と思えない人は東京で暮らしたほうがいい【連載】現実主義者の東京脱出論(3)

新型コロナウイルスの感染拡大で、今まで以上に注目を浴びる「東京脱出」「地方移住」。そんな世の中のトレンドに対して、一年の半分近く全国各地を巡る地方系ライターの碓井益男さんが警鐘を鳴らします。


移住者記事への違和感

 上京して東京で暮らす人にとっていまさらですが、全国には各地域内だけで通用する「暗黙の了解」「ローカルルール」が数多く存在しています。

 筆者は以前インターネットで、ある移住失敗談を読んでとてもがっかりしました。それは、東京から長野県のある地域へ移住したものの、失敗に気づき、別の地域へ再移住した人の話でした。

 一度失敗したこともあってか、ひとつ目の移住先を少しネガティブに書いていたのですが、そこにあった「この土地には住めないエピソード」のひとつが気に掛かりました。

 その地域では毎年お正月になると近くの人たちが集まり、日の丸を掲げて新年を祝って万歳三唱をするのが習慣だというのです。この記事の書き手は、その習慣を旧態依然とした嫌なものだと感じたようですが、筆者は「なんて面白そうな行事があるのだろうか」と真逆のことを感じました。

地域の伝統文化・風習に興味を持てるか

 斜に構えてこんなことを言っているのではありません。単にワクワクしたのです。職業的な性格ももちろんありますが、もし筆者がこの地域に移住したら、習慣の由緒について住民から根掘り葉掘り聞き出していたことでしょう。

 なぜこんな習慣が今でも続いているのか――。自分にとって、良い/悪い、愉快/不愉快といった感情的な物差しで対象を測るのではなく、なぜ続いてるのか、という歴史(ファクト)に基づいた視点と言えばいいのでしょうか。

地域の伝統文化・風習のイメージ(画像:写真AC)

 前述の記事が教えてくれるのは、独特の伝統文化・風習に興味を持ったり、楽しめたりできない人は、地方移住は憧れにとどめて、東京で暮らしたほうが幸せだということです。

 祭りが代表的ですが、地域の住民になったら参加しなければならない行事が存在します。もちろん時代の変化はあるものの、まだまだそんな地域は少なくありません。

「祭りに興味なし」は通用せず


【コロナ禍における移住の意識調査】80%以上がコロナ禍でも移住や新たな住環境を検討――感染リスクの軽減以外に、約半数が働き方や生き方に関する理由だった

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210525_escape_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画