かつての「陸の孤島」がトレンドスポットに大変身 1991年オープン「ジュリアナ東京」の衝撃とは

バブル経済が崩壊した1991年、東京港区芝浦に開業した有名ディスコ「ジュリアナ東京」。狂乱の時代の「あだ花」としてだけではなく、同地に思わぬ変化をもたらしていきました。統計データ分析家の本川裕さんが、時代背景とともにその文化を振り返ります。


ディスコ・ブームの誕生と発展

 生バンドの演奏ではなく、レコードの音楽で踊る「ディスコ」は、パリ、ニューヨークで発祥し、当初はマニアックな存在でしたが、1970年代半ばからは世界的なブームとなりました。

 日本でも1960年代後半には、それまでのゴーゴー喫茶とは一線を画す社交場として、作家やモデル、有名人、富裕層を客層としたり、服装チェックを行ったりする店が登場して「ディスコ」を名乗り、時代を先んじた存在になりました。

閉店前最後の週末でにぎわうディスコ「ジュリアナ東京」。1994年08月26日撮影(画像:時事)

 その後、趣向を凝らしたホールの設計やDJの選曲センス、曲紹介、スクラッチの演出などの音楽文化が若者に受け、何波かのブームの中で、多くのディスコ店が開業し、数々のディスコ・ヒットも生まれました。特に1978(昭和53)年の「サタデー・ナイト・フィーバー」の大ヒットは日本でもディスコを一気に大衆化しました。

 有名ディスコは、当初、赤坂や新宿といった旧来型の繁華街に存在しましたが、1980年代後半のバブル期をはさんだ時期に、一方で、麻布・六本木・青山といった新しくオシャレなトレンディー・タウン、他方で、芝浦などウオーターフロントの倉庫街に展開するようになりました。

バブル期の象徴となった「ジュリアナ東京」


【画像】貴重な当時の写真も! 東京にあった有名ディスコの「年表」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200428_disco_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200428_disco_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200428_disco_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200428_disco_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200428_disco_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画