足立区の「おいしい給食革命」が生んだ愛のスパイラル、名古屋市「質素すぎる学校給食」問題から考える

子どもたちに対して“おいしい給食”を提供していることで知られる足立区。提供したことで周辺環境にいったいどのような影響を与えたのでしょうか。フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


共働き家庭増加で、学校給食がより重要に

 名古屋市の小学校で提供されている学校給食があまりにも質素だと、先日インターネット上で話題になりました。

おいしい給食を食べる子どものイメージ(画像:写真AC)

 質素になった原因は、なによりも食材費や人件費が高騰したためです。名古屋市の給食費は月3800円で、10年間ほぼ据え置き。その金額でやり繰りせざるを得ないため、質素になってしまったというわけです。

 自治体によっては小学校だけではなく、中学校でも学校給食は導入されています。今般、両親の共働きが一般的になり、子どもの弁当をつくる余裕がない家庭も増えています。そのため、小中学校の学校給食は家庭にとってもありがたい存在です。

 しかし、学校給食の完全実施は容易ではありません。学校給食には「自校調理方式」や「センター調理方式」などがありますが、いずれにしても調理室という設備を必要とし、給食をつくる調理員も確保しなければなりません。当然、費用も莫大になります。そのため、小学校では給食を実施していても、中学校は弁当持参という自治体も珍しくないのです。

 しかし、先述したように共働き家庭が増えたこともあり、学校給食の重要性は増しています。大阪府は橋下徹府知事(当時)の肝いりで、2010(平成22)年から中学校で学校給食の導入を始めました。にも関わらず、給食に割ける予算がなかったこともあり、民間事業者によるデリバリー方式を採用。しかし、これが中学生たちから「冷えている」「マズい」と散々な評判だったのです。

“おいしい給食”のきっかけは「食品残さ」


【データで知る】すべての子どもたちに温かいご飯を。あなたは「子ども食堂」を知っていますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191211_kyushoku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画