もし全ての「花」が日常から消えてしまったらーーコロナ禍に思う「不要不急」の意味

外出自粛の2020年も春から初夏へ。あなたはこの間、どれだけの花を見ましたか? 花が私たちの日常に与えてくれていたものとは何なのか。ライターの宮野茉莉子さんがあらためて問い直します。


「なぜ人は、花を美しいと感じるのか」

 もう何年も前になりますが、新聞の1面に「なぜ人は花を育てるのか」と問い掛けるコラムを見つけ、読んだことがあります。

「ものを知らないことは案外いいものである。朝、春のような景色に出会った。近所の小さな喫茶店が軒先に出すワゴンに、ピンクや白、オレンジ…色とりどりの花があった◆冬に咲く花がこれほどあるのかと感心する。一つの鉢さえ花の名は分からぬが、少しもいらいらしない。どこかの花壇でまた会って、ああ、あのときの君かい?と…その折に名刺をもらえばいいと思うからである◆(中略)結局、答えの出ない問いであるならば、別のことを考えるとしよう。なぜ人は花を育てるのだろう。どうして、美しいと思うのだろう。」(2013年1月20日付け読売新聞1面「編集手帳」)

 それは日本から遠く離れた北アフリカの国、アルジェリアで起きた人質事件に触れるものでした。現地で働く日本企業の社員らがテロに巻き込まれ、犠牲になった事件。連日の報道に胸が痛み、社会全体が未知の脅威を恐れ、「なぜ」「どうしてこんなことに」と途方に暮れ、震えた記憶が今も残っています。

人はなぜ花を美しいと感じるのか、あらためて考えてみたい(画像:写真AC)

 人はなぜ花を育てるのか。なぜ花をめでるのか。

 その問いを2020年4月の今ふいに思い出したのは、日本中、世界中が沈痛な空気に覆われた状況が、あの日々とどこか似ていると感じたからかもしれません。

花は「不要不急」の最たる例かもしれない


【画像】日常に「花」を取り入れるためのひと工夫

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/04/200413_flower_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画