昭和の香り漂う「あんバタートースト」が令和の現在人気のワケ

名古屋の喫茶店にルーツを持つ「あんバタートースト」が現在、人気を博しています。カフェライターの川口葉子さんが解説します。


現在ではすっかり定番に

 小さなコーヒーショップのメニューに「あんバタートースト」が定着し、人気を博しています。4年ほど前から東京をはじめ全国のコーヒーショップで見かけるようになり、現在ではすっかり定番的存在となりました。

昭和テイストあふれる「あんバタートースト」(画像:川口葉子)

 その魅力は、粒あんの甘みとバターの塩気が交錯するおいしさ。お店にとっては提供のオペレーションが比較的容易という利点もありますが、かつて昭和の喫茶店の片隅にあったメニューはなぜいま再び脚光を浴びているのでしょうか。

ルーツは名古屋の喫茶店

 あんバタートーストのルーツは、名古屋の喫茶店「満つ葉」が1921(大正10)年に始めたとされる「小倉トースト」で、昭和30年代には名古屋の喫茶店を中心に東海エリアに浸透していました。

粒あんの甘みとバターの塩気が魅力の「あんバタートースト」(画像:川口葉子)

 この伝統的な喫茶店フードが近年新たなファンをつかんだきっかけのひとつは、名古屋発のコーヒーチェーン「コメダ珈琲」の全国展開です。

 2016~2017年はコメダ珈琲が全国に出店攻勢をかけ、開店ラッシュとなった年。

 2020年現在、店舗数はスターバックスコーヒー、ドトールコーヒーショップに次ぐ全国第3位となっており、小倉トーストもコメダ珈琲とともに再び各地へ広がったと思われます。

令和のあんバタートーストの特長は?


【1万人以上に聞きました】現在人気のベーカリー専門店 あなたは月に何回くらい買ってる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200318_anbutter_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画