魅惑のメニューと「立地萌え」 都内のコーヒーチェーンがいま圧倒的に面白い

喫茶店ブームの昨今、昭和レトロ喫茶だけでなく、東京の街中に多く存在する喫茶チェーンも面白いようです。喫茶店観察家の飯塚めりさんが解説します。


喫茶チェーンという「ジャンル」

 ここ数年、喫茶店がブームです。それも、スペシャルティコーヒーを出す今どきのお店から、昭和感たっぷりのレトロなお店まで、特定の時代のお店に限らず幅広く喫茶店がウケています。

 SNS上には「映える」ものとしてメニューや内観写真が投稿され、テレビや新聞・雑誌、ウェブ媒体でもたびたび特集が組まれています。

 筆者(飯塚めり。喫茶店観察家)は、喫茶チェーンもまた、そんないろいろな喫茶店の中の“いちジャンル”と認識しています。今回は、そんな喫茶チェーンの東京での楽しみ方を紹介していきましょう。

レア感ありの「特別店」を楽しむ

 東京ならではの喫茶チェーンのお楽しみといえば、全国展開するお店の、そこだけの「特別店舗」や「コラボ店」などがあります。

 例えば、2019年11月に開業した「渋谷スクランブルスクエア」に出店している「REAL DRIP COFFEE No.12(リアル ドリップコーヒー ナンバートゥエルブ) by上島珈琲店」(渋谷区渋谷)は、「上島珈琲店」の新業態です。

「REAL DRIP COFFEE No.12 by上島珈琲店」の内観イメージ(画像:ユーシーシーフードサービスシステムズ)

 コーヒー豆と焙煎(ばいせん)の組み合わせを選んで注文すると、ハンドドリップではなく、「あえて」特注のドリップマシンで抽出。通常は浅いりで提供されがちな豆を深いりできるなど、ちょっと変わった選択ができるのもおもしろいところです。

 また、「極 黒糖ミルク珈琲」などの定番メニューのこだわり版や、通常店舗にはないナポリタンなどもそろえています。

外国の図書館のような店も

「本と珈琲 梟書茶房(ふくろう しょさぼう)」(豊島区西池袋)は池袋の駅近くにある、「ドトール」系列のブックカフェ。

 神楽坂「かもめブックス」(新宿区矢来町)の店主、柳下恭平さんとのコラボで実現した店舗です。外国の図書館や教会を思わせる荘厳な雰囲気の空間で、チェーン店らしからぬ広めの個人スペースとどっしりとしたテーブルで、落ち着いて読書できます。

「本と珈琲 梟書茶房」の内観(画像:ドトールコーヒー)

 コーヒーはもちろんドトールのもので、本のかたちをしたシフォンケーキ「ブックシフォン」とのマリアージュがたまりません。書籍の販売もしていて、書名や装丁を隠した状態で、柳下さんによる紹介文のみで選ぶという、斬新な試みがなされています。

 ドトールにはこのほか、学芸大学と銀座にあるスペシャルティコーヒー店「神乃珈琲」や、銀座4丁目の交差点には最上位版ドトール「ル・カフェ ドトール」(中央区銀座)という業態店も存在します。

進化した定番メニューを味わえる


【調査結果】女性が選ぶ「カフェインレスコーヒー」ランキング 利用率第1位は?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/200326_chain_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_chain_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_chain_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/200326_chain_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200326_chain_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200326_chain_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200326_chain_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200326_chain_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/03/200326_chain_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画