皇居の謎解き! 天皇「御所」と江戸城「本丸跡」はなぜとても離れているのか

令和の祝賀ムードにわく皇居。江戸城本丸が現在の皇居東端にあるのに対し、御所があるのは西端付近と、離れた位置関係です。この理由について、東京の地形や地理に詳しい、ライターの内田宗治さんが解説します。


天皇の御所と江戸城本丸跡には距離がある

 皇居は今、私たちにふたつの面を見せてくれています。

 ひとつは、5月4日(土)の皇居長和殿での御即位一般参賀に14万人以上が訪れたように、令和の新時代を祝うムード。もうひとつは、天守閣(正式には、江戸城では「閣」の字を入れず天守と呼びます)や本丸御殿のあった江戸城本丸跡など、江戸時代を忍ばせる面です。

二重橋へ向かう観光客。外国人の姿も多い。背後は伏見櫓(ふしみやぐら)(2019年5月、内田宗治撮影)

 場所でいえば、前者は一般参賀者の目指す場所である宮殿前の広場(宮殿東庭)など。新天皇や皇族の方々に大勢が日の丸を振っていた所です。そこに至るまでに通る皇居前広場での長蛇の列や皇居の正門にあたる二重橋なども、よくメディアに登場しました。皇居前広場や二重橋前は、特別の日以外でも訪れることができます。

 せっかく皇居に来たのだから、もうひとつの見どころ、江戸城跡に行こうとすると、そこまで想像以上に時間がかかります。二重橋前から江戸城入口にあたる大手門まで、道のりで約1.1キロ、そこから天守跡までさらに約1キロ。歩いて約30分もかかるのです。

 このように天皇が住まわれる御所や宮殿と、徳川将軍の居所もあった江戸城本丸御殿跡とはとても離れています。なぜこんなことになったのでしょうか。

実は御所は「江戸城外」にある!?

 明治維新の際、旧江戸城に明治天皇が入って皇居になった(1868年)と、歴史の教科書に書いてあったと思います。確かにそのとおりなのですが、現在の御所は、実は江戸城の外と言っていい所にあるのです。

 順を追って述べますと、明治天皇の御所は、天守のある本丸御殿の地ではなく、そこからやや離れ、お濠を隔てた西の丸に置かれました。

 現在の御所(平成時代と同じくしばらく上皇・上皇后が住まわれています)は、さらに本丸から離れ、吹上地区にあります。ここは、江戸時代初期は徳川御三家の大名屋敷、明暦の大火(1657年)後は火除地の庭園だったりした所です。

 狭義に解釈すれば江戸城外の地のわけです。御所と江戸城本丸天守跡とは、直線距離で約700メートルも離れています。

江戸城は「西からの攻め」に弱かった


【写真】大手門から江戸城天守跡の様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/05/190510_gosho_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly