都内の「エスニック食材店」から香り漂う、懐かしき日本の情景

東京で急増するアジア系の食材店は、外国人のコミュニティーにもなっています。その魅力について、アジア専門ライターの室橋裕和が解説します。


そこはエスニック・テーマパーク?

 ずらりと並んだスパイスは、すべて産地直送。生のままパッケージがされた、日本のスーパーマーケットでは見ないようなものもたくさん。ハーブのかぐわしい香りも漂ってきます。

外国人コミュニティーでは欠かせない存在の食材店(画像:室橋裕和)

 隣の棚はさまざまな豆類で埋め尽くされています。大豆やひよこ豆くらいはわかるけれど、あとはなにがなにやら。

「ボクたちネパールやインドの人たち、マメいっぱい食べるから。日本よりいろんな種類あるでしょ」

と、後ろから店主の笑い声。

 コメは日本のものと違って細長いインディカ米で、ぱらぱらとしていてカレーに合わせたりスパイスで炊き込んだりするのに合っているそう。これもやはりブランドがいろいろ。

 そんなコメを揚げてスパイシーに味つけたスナックもあれば、中東や南アジアでは定番のデーツ(なつめやし)、格安のカシューナッツなんかも並びます。

「スナックは1個200円だけど、3個なら500円でいいよ」

そんなことを聞かされると、あれもこれも欲しくなってしまう。この手の食材が好きな人にとってはちょっとしたテーマパークでしょう。

異国で暮らす上での拠点


【画像】自炊派にはたまらない? これまで見たこともないエスニックな調味料の数々

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200203_ethnic_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_ethnic_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_ethnic_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_ethnic_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_ethnic_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画