なんと総延長40m 中野区に「巨大な防空壕」が眠る禅寺があった

中野区にある成願寺の境内の片隅には、総延長約40mもの防空壕が今でも残っています。都市探検家の黒沢永紀さんが解説します。


戦争の記憶を今に伝える古刹

 東京メトロ丸の内線の中野坂上駅から山手通りを徒歩で南下することおよそ5分。道端に巨大な達磨の筆絵と竜宮城のような門が現れます。

 室町時代の1438(永享10)年に創建された「多宝山成願寺(たほうざん じょうがんじ)」(中野区本町)は、なんと戦中の防空壕が眠るお寺。今回は、戦争の記憶を今に伝える古刹の話です。

ジグザグに造られた成願寺の防空壕(画像:黒沢永紀)

 開基の鈴木九郎は紀州で熊野神社の祭祀を代々務めた鈴木氏の末裔で、室町時代の応永年間に多摩郡中野邑(現在の東京都中野区)にやってきたと伝えられます。馬の飼育販売で財をなし、中野から西新宿にかけての荒地開拓に尽力したことから中野長者とよばれるようになりました。

 祭祀の家系の出ゆえに信心深く、故郷の十二所権現を自ら開拓した地に勧請。これが現在も西新宿にある十二社(じゅうにそう)熊野神社です。

 しかし娘を18歳で亡くし、その悲しみから出家して名を「正蓮」と改め、熊野神社と同じ十二社に禅寺の正観寺を建立。後年は、娘の供養と曹洞禅宗の普及に精進したといいます。その後、江戸の初期に十二社から移転し、自邸を改築して開いたのがこの成願寺でした。

 鈴木九郎の墓は境内のほぼ中央にあり、身分の高い人に用いられることが多い宝篋印塔(ほうきょういんとう)型の墓石は、史跡に登録されています。

総延長約40m、高さ約2m


【画像】謎の像と温度計が同居する「防空壕内の一室」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/12/191219_joganji_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画