中国人観光客はどうなった? 団体旅行停止から3日後、春節最終日の銀座を歩く

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大により、1月27日以降、来日できなくなった中国人団体観光客。このことが日本に与える影響とは。旅行ジャーナリストの内田宗治さんが解説します。


3日前には見られなかった光景も

 1月27日(月)から、中国人団体観光客が日本へやってこなくなっています。新型コロナウイルス感染拡大にともなう、中国政府の禁止措置によるものです。

 その初日にあたる27日の銀座(中央区)の様子を前回「中国人観光客で変わらぬ活況 団体旅行停止 初日の銀座を歩く」でリポートしました。

 中国人観光客が大勢国内外を旅行する春節は、1月24日から30日です。27日段階ではすでに中国からの団体ツアーが多数日本へやってきていて、銀座は「爆買い」する中国人観光客でにぎわいを見せていました。

 春節最終日にあたる30日、再び銀座を訪れてみました。中国からの団体ツアー停止がどのように影響しているかを見たかったためです。

銀座へ大型観光バスで乗りつけて、スーツケース持参で「爆買い」する光景は、数は減ったがいまだに健在。2020年1月30日撮影(画像:内田宗治)

 そこでは、3日前には見られなかった光景も繰り広げられていました。

 そのひとつは、接客スタッフのマスク着用です。前回の記事でふれたように、27日の高級ブランド店の接客スタッフは、多くの店でマスク着用の人とそうでない人と半々くらい。「お客さまに対して失礼なので、マスクを付けられない」といったことに関して、賛否両論がメディアでも取り上げられていた段階でした。

 それがわずか3日後の30日は、どの店もほぼ全員が白いマスクを着用していました。唯一27日に全接客スタッフがマスクを着用していなかった某有名ブランド店でも、約半数の接客スタッフがマスクを付けていたほどです。

少ない消毒用ボトル利用者


【写真】1月27日時点の銀座の様子を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200131_china_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画