「ビッグエッグ」の愛称、どこへ行った? 平成初期を彩った東京ドームを振り返る

令和を迎えた今、平成もまた懐かしさとともに振り返る時代となりました。平成文化研究科の山下メロさんによる「平成レトロ」研究、今回は1988(昭和63)年に完成した東京ドームが舞台です。


時代の移ろいとともに消えていった呼称

 何らかの理由で消えていった愛称は、ビッグエッグ以外にも思い浮かびます。たとえば国鉄分割民営化の際に生まれたものの普及しなかった「E電」。江戸線が「東京環状線」という候補名だった頃に決まっていた「ゆめもぐら」など……。しかし、たいていは使用開始前に撤廃されたり、広まらないままにフェードアウトしていったりした例が多いのです。

 なぜ、ある程度定着していた「ビッグエッグ」が消えてしまったのか、それは今もなお謎のままです。

BIG EGGと記された、数々のキーホルダー(画像:山下メロ)

 おそらく、プロ野球の球場「東京ドーム」として呼ぶことが多く、「BIG EGG」といった景観を含む建造物としての目新しさが失われて、実態と「ビッグエッグ」という呼び名が乖離していったのかもしれません。

 しかし今もなお外観はかつての「エッグ型」を残しています。東京ドーム近くのJR水道橋駅や、東京メトロ後楽園駅、大江戸線春日駅などから「少しずつ見えてくる東京ドーム」を体験して、あらためて「BIG EGG」という愛称の味わいを感じてみるのもいいかもしれません。


【画像】レトロ感がたまらない……平成初期の懐かしいデザインのグッズずらり

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191108_dome_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画