2020年開業、港区「高輪ゲートウェイ駅」 そもそも「高輪」ってどんな意味?

2020年春に開業予定の高輪ゲートウェイ駅の「高輪」は、古代の街道だったとフリーライターで古道研究家の荻窪圭さんはいいます。そんな高輪を、荻窪さんに歩いてもらいました。


「高輪」と書いて「たかなわ」と読む

 そのネーミングに納得がいかなさすぎるというので署名運動まで起きた「高輪ゲートウェイ」駅。田町駅と品川駅の間にできる山手線と京浜東北線の新駅で、2019年11月16日(土)には新駅へ線路を切り替えるために、山手線と京浜東北線が16時まで運休する予定です。

工事中の「高輪ゲートウェイ」駅(画像:写真AC)

 「高輪ゲートウェイ」の「高輪」は「たかなわ」と読みます。難読地名のひとつですね。なぜそんな名前なのでしょう?

 語源には諸説ありますが、いちばん有力なのが「高台の縄手(道)」が「高縄手」になり、「高縄」となり、「高輪」という文字が当てられたというもの。「高縄手」という地名は全国にいくつかありますから、これが語源というのはありそうです。実際に「高縄」と書かれた文献もあります。

 「縄手」はもともと「田の中のあぜ道」を差しましたが、それが転じて長くてまっすぐな道も差すようになりました。「高いところの長くてまっすぐな道」。

 高輪にそんな道があるのか?

 あるんです。実は。古代から続く長くてそれなりにまっすぐな高台の尾根道が。今回はその古道の話。

泉岳寺経由で二本榎通りへ

 高輪ゲートウェイ駅ができるのは、都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」のすぐ近く。国道15号(第一京浜)沿いです。この道は江戸時代の「東海道」そのものなので、以後「東海道」と書きます。

奥に見える森が高輪大木戸跡で歩道はそれを迂回する形になっている。右が国道15号にして第一京浜にして旧東海道(画像:荻窪圭)

 江戸時代からずっと幹線道路で、江戸時代は海沿いギリギリの道でした。道を安定させるため、海側に石垣を作っていたくらいです。

 泉岳寺駅のA4番出口を出て東海道沿いに少し南へ行くと「高輪大木戸跡」があります。大木戸は江戸への出入口に設けられた木戸。街道の両側に土塁を作り、その間に木戸をつけ、夜になると閉じていました。その土塁が片方だけ残っているのです。車がびゅんびゅん走る大幹線道路の脇に、江戸時代の遺構が残っているというのは面白いものです。

 これにちなむなら「高輪門」駅とか「高輪口」駅でもいいんですが、「高輪ゲートウェイ」ってカタカナが入ったのがなんとも平成っぽいというか、まあいいんですけど。

 さてこの東海道は海沿いの低地の道なので「高縄手」ではありません。高縄手を求めて歩きましょう。

「高縄手」はどこだ?


【江戸絵図】高輪大木戸と泉岳寺周辺の様子! 赤いのは寺院。寺町だったことがわかる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191010_takanawa_05-150x150.jpg

New Article

新着記事