日本庭園の技法を取り入れた隅田川唯一の水上公園「中の島」とは何か?

東京湾の奥座敷に佇む、小さなオアシス・中の島について、都市探検家・軍艦島伝道師の黒沢永紀さんが解説します。


中の島とは何か?

 国内に7000弱あるといわれる島。その中で、中の島、あるいは中之島や中ノ島と名のつく島の数は、沖ノ島などとともにかなり上位にランキングされるのではないでしょうか。中でも大阪の中之島をご存知の方は多いことと思います。

 あまり知られていませんが、東京にも中の島があります。東京でもっとも古い埋立島が寄り添う隅田川の河口、月島と越中島を結ぶ相生橋の下にある隅田川で唯一の水上公園、それが中の島です。今回は、東京湾の奥座敷に佇む、小さなオアシス島の話です。

石造りの常夜灯と鉄骨の相生橋が妙にマッチする中の島(画像:黒沢永紀)

 東京湾はもともと遠浅で、湾に注ぎ込む河川も、河口付近では中洲ができがちでした。江戸時代から隅田川の河口にあった中洲が石川島と佃島で、このふたつの中洲島が隅田川を二分し、西側が隅田川の本川(ほんせん)、東側が派川(はせん)になります。現在、派川は晴海運河と呼ばれますが、行政上はどちらも隅田川のようです。

浚渫された土砂で造られた月島

 明治の中頃、堆積する土砂で船の運行に支障をきたしてきたことから、隅田川の河口を浚渫(しゅんせつ。水底をさらって土砂などを取り除くこと)する「東京湾澪浚(みおさらい)計画」が始動しました。そして、浚渫された土砂で最初に造られたのが今の月島です。

赤い目印が中の島公園(画像:(C)Google)

 月島が完成すると、派川は以前にもまして川らしくなり、月島と東側対岸の越中島の間に、ふたたび中洲ができるようになりました。この中洲が「中の島」の原型になります。

 おりしも、埋立地ゆえに水が少ない月島へ、対岸の越中島方面から水を引く計画が持ち上がり、そこで大きく貢献したのが中の島でした。

元々は中継地点としての人工島


【写真】懐かしい、そしてなぜか落ち着く……都内にある路地裏の風景(8枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/10/191003_nakanoshima_06-150x150.jpg

New Article

新着記事