時短家電は「手抜きツール」と考えていた私を変えた、忘れられないひとつの言葉

核家族化が進みワンオペ育児などが発生しやすくなった現在、食洗機やロボット掃除機といった「時短家電」が注目されています。しかしその使用を素直に受け入れられない人たちも。原因は、家事に対する「罪悪感」です。その克服方法について、3児のママライターである宮野茉莉子さんが語ります。


ママはなぜ「罪悪感」を感じるのか

 ママが普段の日以上に忙しくなる夏休みは、実は「時短家電」導入を検討するチャンスです。また夏のボーナス支給日を迎えるため、お財布的にもハードルが下がりやすくなります。

テクノロジーは、人間を救う?(画像:写真AC)

 あとはママ自身の心の中にある、時短家電に頼ることへの「罪悪感」をどのように払しょくするかがカギです。せっかく購入しても「使っていて後ろめたい」「結局使わず、これまでのように無理している」のでは意味がありません。

 まず把握したいのが、便利なものに罪悪感を感じる「理由」です。昔と比べて家族の人数が減り、その上、ワンオペ育児(ひとりで仕事、家事、育児のすべてを行うこと)を行うようになったのですから、便利なものに頼るのは当たり前。それなのに、ママは罪悪感を感じています。

 理由はさまざま。夫や実親、義両親などの「他人から言われて」や、ママ友や旧友などの「他人の暮らしと比較して」感じることもあるでしょう。また、「親がしていたように自分もすべき」と、自らの子ども時代と比較することもあります。また、ドラマ作品などを見て、いつの間にか「『家事は丁寧に』という風潮に縛られていた」というケースもあるでしょう。

 誰しも外部の情報からの影響を受けますが、日々の生活を続けるのは結局自分自身です。あくまでも自分を軸にして、自分の身体や心、頭のキャパシティーを把握し、「自分は何を大切にして、何を簡略化したいか」を考える必要があります。

時代は、確実に良い方向へ進んでいる


【写真】2019年 最新の「時短家電」6選

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190805_kaden_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly