苦手なカタカナを克服するゾ! 有名アニメを練習台に選んだ女児の漫画「いっぱい書けた~」

イラストレーター・ようみんさんの長女は目下、苦手なカタカナの練習中。そんななか長女がテキストに選んだのは……?


「カクカク」してるから苦手

 イラストレーターのようみん(ペンネーム)さんは主婦歴8年目。夫と5歳の長女、2歳の次女の3人で東京の下町に暮らしています。アーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画、今回のテーマは「娘のカタカナ練習」です。ようみんさんに制作の背景を聞きました。

娘のカタカナ練習を描いた漫画のカット(ようみんさん制作)

――ようみんさん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 私の長女はカタカナを書くのが苦手で……。でも長女は、自分の好きなものから一生懸命文字を覚えようとしていたので、親としてちょっと嬉しくなったので描いてみました(笑)。

――これはいつごろの話でしょうか。

 つい最近のことです。1週間くらい前かな?

――作中の「文字」は、娘さんの直筆でしょうか。かわいい!

 はい、頑張って書いていました!

――娘さんはもともとカタカナが苦手なのでしょうか。

 カタカナは字体が「カクカク」していて、長女は覚えづらいようです。以前は私に書き方を毎回聞いてきて、一緒に本などを使って教えていました。でも、さすがに毎回だと私も疲れてしまって(笑)。ひらがなは幼稚園でも練習しているので、問題なく書けるんですけどね。

――そもそも、娘さんはなぜプリキュアを選んだのでしょうか。

 長女は今、プリキュアが一番大好きだからです。夫がプリキュアが載ってる本を買ってくると、すごく読みますし、お絵かきもしていますね。プリキュアシリーズってもともとカタカタの言葉が多いから、カタカナの勉強に一石二鳥なんですよ(笑)。

――プリキュア効果のほどは。

 まだスラスラ書けないですが、以前より書けるようになりました!

――娘さんの成長について、どう思いますか。

「自分で調べて書く」という姿勢はとってもいいですね。長女は以前、ひらがなばかりの手紙を書いていたのですが、最近は「スキ」とか、カタカナを使っているんです。ちょっとずつですが、自分で書けるのが楽しいみたいです。

――「プリキュア」以外でも練習しているのでしょうか。

 トマトとか、野菜の名前でも練習していますね(笑)。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 子どもは文字がわからないと、お母さんに聞いてくることが多いですよね。私は娘の好きな本やキャラクターを見せながら教えているのですが、好きなものだけあって飲み込みが早いです。オススメです!


【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/07/190720_kana_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190720_kana_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190720_kana_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/07/190720_kana_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Ranking

ランキング

  • Weekly
  • Monthly